BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「市民ケーン」 1941

市民ケーン HDマスター [HD DVD]

★★★☆☆

 

 亡くなった大富豪が残した最期の言葉の謎を探るため、記者が関係者たちに取材を行う。

 

 名作との呼び声高い作品だけに、事前にハードルを上げすぎてしまった。多分、ここで取り入れられた斬新な手法は、その後それをオマージュしたり、パクったりした作品を観過ぎたせいで、新鮮味を感じることはなかった。

 

 やっぱりリアルタイムで見るっていうことは大事だなと。もしかしたら数年後、自分はこの内容を忘れてしまっているかもしれないけど、きっとリアルタイムで見た人達はその時の衝撃とともに忘れないのだろう。とは言え、70年以上前の作品だから、リアルタイムでみた人達が今、どれだけいるか分からないけど。ちなみに日本公開は1966年、55年ほど前。

 

 主人公の両親はふとしたきっかけで大金持ちになるわけだけど、そんな幸運に恵まれたのに子供と離れて暮らすことを選択するなんて、ちょっと理解しがたい部分がある。それほど都会で暮らすことや、良い教育を受けることの重要性を身にしみて感じていたのかもしれないけど。

 

 傍から見れば、裕福で華やかな生活を送っているようにみえる人物でも、人知れず心に葛藤や寂しさをを抱えていて、誰の人生でも、他人が簡単に評せるほど単純じゃないってことなんだろうな。

 

 見ている人間の遠近感を狂わせるほどの大豪邸の様子や、ラストの生前、主人公が収集した異常な量の彫刻等の山、とか、セットや小道具がすごかった。

 

監督/脚本/製作/出演 オーソン・ウェルズ

 

出演 ジョゼフ・コットン/ドロシー・カミンゴア

 

市民ケーン [DVD]

市民ケーン [DVD]

 

市民ケーン - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

広告を非表示にする