BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「「超」整理法―情報検索と発想の新システム」 1993

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)

★★★★☆

 

 最初の封筒を使ってのくだりは興味深い。パソコンについての話は今となっては全然役に立たないが、その思想は現在でも使える。20年でパソコンの世界はものすごい発展したんだと、この本の趣旨とは違うところで感心した。

 

 まだパソコンが爆発的に普及・発展する夜明け前といった頃に書かれたものだが、著者はそれを見越している。そのため、これまでのやり方とこれからは革命的に変わると色々と説明するのだが、それが若干くどい。親切かもしれないが。きっとパソコンでいろんなことができるようになっているという未来が見えているのに、この時点では現実的にはこれぐらいしか書くことができないと、歯がゆかったのかもしれない。

 

著者 野口悠紀雄

 

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)

 

 

 

関連する作品

bookcites.hatenadiary.com