読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ネバダ・スミス」 1966

ネバダ・スミス (字幕版)

★★★☆☆

 

 両親を殺された男が、復讐を果たすため旅に出る。

 

 復讐って、色々考えさせられる。勿論、自分や身内に酷い仕打ちをした人間がのうのうと生きていることには我慢できないが、だからといって同じことをしてしまうと、自分も同じ人間になってしまう。それに復讐に人生を費やすということは、何もなければ違う人生を歩んでいたはずなのに、そいつのために望んでもない人生を生きさせられていることになってしまう。自分の人生を生きられない。

 

 だからといって、何事もなかったかのように忘れて生きることは難しい。復讐ではないけれど、不条理な事件で自分や身内が被害者となってしまい、そのことで戦ったり、活動している人を見ると、本当に気の毒に思う。事件が起きるまでは、そんなことをしなければいけなくなるなんて想像すらしていなかったはずで。そして、それが誰にでも起こり得ることだということが恐ろしい。

 

 映画は痛快な復讐劇かと思わせておいて、次第にこんな感じでもやもやしたものが湧き上がってくるようになっている。二人目に復讐を果たすまでは、主人公の成長や執念が見られてワクワクするところもあるのだが、牧師が出てくるあたりから雲行きが変わってくる。しかし、じゃあどうすればよかったんだと自問自答してしまう。

 

 アメリカの大自然が雄大で、それを見ているだけでもいい。そして、時折スティーブ・マックィーンがMr.ビーンに見えなくもない。

 

監督/製作 ヘンリー・ハサウェイ

 

出演

bookcites.hatenadiary.comカール・マルデン/ブライアン・キース 

 

ネバダ・スミス (字幕版)
 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする