BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「服従」 2015

服従 (河出文庫 ウ 6-3)

★★★★☆

 

 イスラーム党が政権を握ったフランスで、大学教授の男が職を解かれる。

 

 こういう話にリアリティを感じるほど、欧州は切実なんだな、と改めて認識させられた。たしかに最近の欧州のニュースはきな臭いものが多い。自分たちは衰退の道を歩んでいると薄々感じていたとしたら、新しい何かに希望を見ようとするのもわからないでもない。

 

 ぼくは、自分のために生きることができなかったが、では、誰のために生きてきたというのだろう。

p218

 

 イスラムが政権を取って、イスラム的な政策を行い、重要な役職の人間たちがこれに従う社会になってしまったら、大抵の人は同じように従うしか無いよな。それ以外の道は生き難い。こうやって社会は変わっていくんだろう。キリスト教的な世界からイスラム的な世界へ変わっただけ、と考えれば、そんなに驚くに値することでもないのかもしれない。

 

 主人公の男のためらいながらも一夫多妻制についての情報を聞き出そうとするところなんかは、リアルな感じがしていい。 女性はどう思うかわからにけど。イスラムに改宗する女性ってどれくらいいるんだろうか。

 

 どこかジョージ・オーウェルの「1984年」を連想させるような結末だった。

bookcites.hatenadiary.com

 

著者 ミシェル・ウエルベック

 

服従 (河出文庫 ウ 6-3)

服従 (河出文庫 ウ 6-3)

 

 

 

登場する作品
Le drageoir aux épices (French Edition)

Le drageoir aux épices (French Edition)

 

レ・ブロンゼ?日焼けした連中?【字幕ワイド版】 [VHS]

bookcites.hatenadiary.com

さかしま (河出文庫)

さかしま (河出文庫)

 
En rade (French Edition)

En rade (French Edition)

 
彼方 (創元推理文庫)

彼方 (創元推理文庫)

 

出発

大伽藍―神秘と崇厳の聖堂讃歌 (平凡社ライブラリー)

大伽藍―神秘と崇厳の聖堂讃歌 (平凡社ライブラリー)

 
L'Oblat (Classic Reprint)

L'Oblat (Classic Reprint)

 
En Ménage (French Edition)

En Ménage (French Edition)

 
MARTHE, HISTOIRE D’UNE FILLE et autres histoires (French Edition)

MARTHE, HISTOIRE D’UNE FILLE et autres histoires (French Edition)

 
À vau-l’eau (French Edition)

À vau-l’eau (French Edition)

 
Beatrix (English Edition)

Beatrix (English Edition)

 
Eurabia

Eurabia

 
With the Flow: And M. Bougran's Retirement (Hesperus Classics)

With the Flow: And M. Bougran's Retirement (Hesperus Classics)

 
ルルドの群集

ルルドの群集

 
ロランの歌 (岩波文庫 赤 501-1)

ロランの歌 (岩波文庫 赤 501-1)

 
悲劇の誕生 (岩波文庫)

悲劇の誕生 (岩波文庫)

 
ニーチェ全集〈4〉反時代的考察 (ちくま学芸文庫)

ニーチェ全集〈4〉反時代的考察 (ちくま学芸文庫)

 
O嬢の物語 (河出文庫)

O嬢の物語 (河出文庫)

 
ニーチェ全集〈14〉偶像の黄昏 反キリスト者 (ちくま学芸文庫)

ニーチェ全集〈14〉偶像の黄昏 反キリスト者 (ちくま学芸文庫)

 

「近代俗語辞典」 リゴー