BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「キック・オーバー」 2012

キック・オーバー (字幕版)

★★★★☆

 

 マフィアの金を奪いメキシコへ逃走するが、失敗しメキシコの最悪の刑務所に入れられてしまった男。

 

 とりあえず刑務所がすごい。金さえあれば家族と暮らせるし、ドラッグから何まで手に入り、まるで一つの町のよう。どこか「マッドマックス」の世界観を連想させる。しかもモデルとなった刑務所が実在していたっていうのが驚かされる。

 

 そんな刑務所に入れられてしまったメル・ギブソン演じる男。戸惑いそうなものなのに冷静に観察し、環境に適応していく。ただ、ちょっと順調すぎるきらいもあるのが気になるところで、一度も想定外の窮地に立っていない。全て思い通り。

 

 それはそれとして、映画としては十分楽しめた。それから、世界にはいろんな刑務所があるようなので、海外行ったら羽目を外して捕まらないよう、気をつけようと思った。

 

監督/脚本 エイドリアン・グランバーグ

 

脚本/製作/出演 メル・ギブソン

 

出演 ケヴィン・ヘルナンデス/ドロレス・エレディア/ダニエル・ヒメネス・カチョ/ピーター・ストーメア/マリオ・サラゴサ

 

キック・オーバー - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com