BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「インターステラー」 2014

インターステラー(字幕版)

★★★★☆

 

 食糧不足に陥った地球を離れ、新たな星に移住するために、人類に適した惑星を探索するために宇宙へ旅立ったチーム。

 

 どことなく違和感を感じる映画の始まりから、徐々に設定を伝えていく手法は見事。すんなりと映画の世界へ入っていけた。そして、様々な伏線を散りばめながら、テンポよく進行していく。宇宙なんて関係なさそうな序盤から、一気に宇宙まで繋がっていく。

 

 CGではない宇宙船内の様子が生々しさがあっていい。どこか映画「エイリアン」の世界を思い出させる。

bookcites.hatenadiary.com

 

 それでいて宇宙人は出てこず、人間同士の交錯する様々な感情が物語を形作っているのも良い。人類のために命を捧げたはずなのに、個人的感情がふと顔を出す。

 

 正直ラストあたりはよく分からなかったが、相対性理論やら何やらのちょっともう何言っているかわからない感じの理論が、逆にワクワクしてきた。宇宙にはすんなりとは理解できないような事象に満ちている。

 

監督/脚本/製作

bookcites.hatenadiary.com

 

出演 マシュー・マコノヒーアン・ハサウェイジェシカ・チャステイン/ビル・アーウィンエレン・バースティンマット・デイモンマイケル・ケインケイシー・アフレックジョン・リスゴー


音楽 ハンス・ジマー

 

インターステラー - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com