BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「蜘蛛巣城」 1957

蜘蛛巣城

★★★☆☆

 

 謀反を鎮圧した武将が、主君への報告に戻る途中で森で老婆に出会い、予言を聞く。

 

 エンターテイメントというよりも心理描写を描いたサスペンスといった趣。旦那をそそのかし操る妻が怖い。怖気づき迷っている主人公に決意を促すように、妻が思わせぶりにゆったりと動く。

 

 観客にも様々な考えを頭に浮かばせ、迷わせようとしているかのように、各シーンにたっぷりと間を使っている。

 

 運命だったからこうなってしまったのか、予言を聞いてしまったからそれに引きずられてしまったのか。頭の中でそんな問いがぐるぐると巡る。

 

監督/脚本/製作/編集

bookcites.hatenadiary.com

 

原作

bookcites.hatenadiary.com

 

脚本 小国英雄橋本忍菊島隆三

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

山田五十鈴千秋実志村喬加藤武宮口精二

 

蜘蛛巣城

蜘蛛巣城

 

蜘蛛巣城 - Wikipedia

 

この作品が登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com