BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け」 2012

キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け(字幕版)

★★★★☆

 

 投資の失敗による負債を抱え、帳簿をごまかし自社を売却しようと焦る男が、もう一つの問題を抱えてしまう。

 

 ゴッドファーザーを思い起こさせるような映画。裏の世界なら何とか乗り切ったといえるけど、表の世界なだけに何とも言えないもやもやが残る。

 

 ビジネスの世界でもあくどいことをするかもしれないが、それを公にすることなく、あくまでもクリーンなイメージを保たなければいけない。それを主人公のおかげで恵まれた環境で生活する家族に責められるのは、なんか辛いものがある。

 

 会社を売却後も子供を重役に残そうとしたり、自分のために窮地に陥りそうになっている人間を見捨てることなく、自首しようとしたりと、そこまで主人公も悪い人間には思えない。ただそれも、彼なりの自身の理想像を貫くために取った行動と言えるのかもしれないが。

 

 ラストの終わり方が秀逸。

 

監督/脚本 ニコラス・ジャレッキー

 

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

スーザン・サランドンティム・ロス/ブリット・マーリング/レティシア・カスタネイト・パーカー

 

キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com