BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「シモーヌ」 2002

シモーヌ(字幕版)

★★★☆☆

 

 主演女優に降板され、代役も立てられない映画監督が、CGで作った女優を使って映画を完成させる。

 

 たった一作で爆発的な人気になる女優ってリアリティーがない。しかもそれがCGなんてなおさら。まぁこのあたりは基本コメディーの映画で言ってもしょうがないが。

 

 監督が作った映画が、いかにもつまらなさそうな、難解そうな映画で笑ってしまう。絶対大ヒットはしないだろうと。だけど内容はともかく、女優の魅力だけでヒットしてしまうとか、勢いのあるスターは何やっても評価されてしまうとか、作り手のジレンマが吐露されているようにも感じる。

 

 大爆笑することはないのだが、ニヤリとするような皮肉のきいたシーンが所々にはある。CG女優が重荷になって消去しても、完全に消滅することはなく、簡単に蘇ってしまうのが今のデジタル時代の怖さを物語っている。

 

監督/脚本/製作 アンドリュー・ニコル

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

レイチェル・ロバーツ/キャサリン・キーナーエヴァン・レイチェル・ウッドウィノナ・ライダー

 

シモーヌ(字幕版)

シモーヌ(字幕版)

 

シモーヌ (映画) - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com