BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「レッド・ライト」 2012

レッド・ライト (字幕版)

★★☆☆☆

 

 怪奇現象や超能力の嘘を見破ってきた学者の前に、かつて一世風靡した超能力者が現れる。

 

 無邪気に超能力を信じる科学者もどうかと思うけど、頑なに否定する学者もどうかと思ってしまう。超能力があるかどうかを調べるんじゃなくて、嘘という前提で調査するのはそれはそれで柔軟性がない。

 

 とは言え世の中には、自分を特別な存在だと信じている人や、そう思われたい人がいて、そんな人達を信じたい人もいてなかなか厄介ではある。そういう人たちの「こころ」を調べるのも面白そうだ。

 

 物語は衝撃の結末が待ち受けている、というタイプの映画なんだけど、成功しているのかは疑問。途中でそういうオチかもなって何となく思ってしまっていたので、まさかとは驚かなかった。逆にいろいろ疑問が出てくる。主人公の事はまぁいいとして、ロバート・デ・ニーロ演じる超能力者については、もっとネタばらししてくれないと釈然としない。

 

監督/脚本/製作/編集 ロドリゴ・コルテス

 

出演 キリアン・マーフィー/シガニー・ウィーバー

bookcites.hatenadiary.com

 

レッド・ライト (字幕版)
 

レッド・ライト - Wikipedia

レッド・ライト-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com