BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「寝ずの番」 2006

寝ずの番

★★★☆☆

 

 大物落語家の死が近づき、弟子たちが集まる。

 

 多くが通夜のシーンで占められている。故人の思い出話を語り、笑ったり、しんみりしたり、怒ったり。そんなことを故人のすぐ近くでしていると、死んでしまった人と共に笑ったり、泣いたりすることはもう出来ないのだということが実感として伝わってくる。怒りをぶつけたとしても、もう何も応えない。

 

 通夜のメンバーは芸人たちということで、普通の通夜では見られない出来事も起こる。下ネタ満載の春歌合戦は正直どこが面白いのかわからないが、粋な感じはする。落語やらこういった歌やら、役者たちが芸達者なのにも感心する。

 

 三回も通夜をやられるとちょっと飽きた。

 

監督 マキノ雅彦 名義

bookcites.hatenadiary.com

 

原作

寝ずの番 (講談社文庫)

寝ずの番 (講談社文庫)

 

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

木村佳乃堺正章笹野高史岸部一徳長門裕之富司純子高岡早紀/木下ほうか/蛭子能収桂三枝笑福亭鶴瓶浅丘ルリ子米倉涼子中村勘三郎

 

寝ずの番

寝ずの番

 

寝ずの番 - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com