BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「チェ 28歳の革命」 2008

チェ 28歳の革命 (字幕版)

★★★☆☆

 

 キューバ革命までのチェ・ゲバラの行動。

 

 物語仕立てというよりもドキュメンタリー風に物語は展開される。なので正直誰とどこで戦っているのかの詳細に関する情報は断片的でよく分からない。

 

 ただゲリラ戦で山の中を歩き回り、武器にも事欠く状況から、しだいに戦況は良くなっていることは伝わってくる。ゲバラカストロはコンビで一緒に戦っているイメージだったけど、実際は別行動で戦っていたんだな。そしてカストロの優秀さも良く分かった。

 

 そしてゲバラの革命に対する情熱がひしひしと感じられる。一般市民は守り、味方にも甘い顔をしない。戦争が集結し、浮かれて羽目を外す味方を大目に見ることなく、たしなめるラストが象徴的。ただ、同志として戦ってきた仲間ですら、戦いが終われば自己中心的な振る舞いを見せていることを考えると、ゲバラの理想が達成されるのは難しいのだろうなということを窺わせる。

 

監督

bookcites.hatenadiary.com

 

製作/出演 ベニチオ・デル・トロ

 

出演 フランカ・ポテンテカタリーナ・サンディノ・モレノ

 

チェ (映画) - Wikipedia

 

関連する作品 

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com