BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「彼岸花」 1958

彼岸花 ニューデジタルリマスター版

★★★★☆

 

 娘の縁談を考えていた父親の所に、見知らぬ若い男がやって来て、娘との結婚を申し込まれる。

 

 娘の幸せを思って、これまで頑張って築いてきた人脈をフル活用して良い所に嫁がせようと考えていたのに、その娘からそんなもの不要と言われてしまうなんて切ない。だけど娘といえども、人の心は思い通りにならない。

 

 男は威張って、いつも女は従順にしているが、いざ女が怒ると男は口ごもってしまう。いじけて頑固になって意地を張り、体裁を取り繕うだけ。

 

 今回は京都の母娘が大活躍で主人公の父親を手玉に取っている。昔から京都人ってこんなイメージなんだな。父親も母娘の口車に乗せられていることに戸惑いながらも、頑なになった心を解くきっかけになっていることに感謝している。

 

 小津監督作品としてはこの作品からカラーになったそうで、冒頭のクレジットタイトルの配色が読みづらく不安になったが、その後は問題なかった。

 

監督/脚本

bookcites.hatenadiary.com

 

出演 佐分利信有馬稲子山本富士子久我美子田中絹代高橋貞二浪花千栄子/高橋とよ

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

彼岸花 (映画) - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com