BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜」 2011

スーパー・チューズデー 正義を売った日 (字幕版)

★★★☆☆

 

 大統領予備選に立候補した知事の選挙スタッフの男が、知事のスキャンダル情報を入手する。

 

  政治の世界で権力を手に入れるには色々な人の協力が必要で、時には不本意な相手とも手を結ばなくてはいけないこともある。清濁併せ呑む覚悟が必要。ってことはわかるんだけど、知事も主人公も自分の初歩的なミスを挽回するために汚い手を使っているのが、どうも腑に落ちない感はある。どちらも簡単に防げたはず。

 

 失脚しそうになってもあらゆる手段を使って生き残ろうとするぐらいのやつじゃないと、この世界ではやっていけないってことか。ただ、真っ当に戦おうとしているのに色々な勢力が立ちふさがって、汚い手も使わざるを得なかったみたいな話のほうが良かったかな。まだ救いがある。まぁでも政治の世界にまともな奴はいないっていうのが真理なのかもしれない。

 

監督/脚本/製作/出演

bookcites.hatenadiary.com

 

製作総指揮 レオナルド・ディカプリオ/スティーヴン・ペヴナー/ナイジェル・シンクレア/ガイ・イーストトッド・トンプソン/ニーナ・ウォラースキー/バーバラ・A・ホール

 

出演 ライアン・ゴズリングマリサ・トメイポール・ジアマッティジェフリー・ライト

bookcites.hatenadiary.com

 

スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜 - Wikipedia

スーパー・チューズデー ~正義を売った日~-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com