BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「デッドマン・ダウン」 2013

デッドマン・ダウン (字幕版)

★★★☆☆

 

 裏社会の組織で働く男が、自宅マンションの向かいに住む女と知り合う。

 

 復讐を企む主人公の男。目的を果たす事だけに意識を集中して日々を過ごす。ひたすら暗い陰鬱な展開。そして、徴兵を経験しただけなのに異常に高いパフォーマンスの仕事っぷり。

 

 女が男に惹かれるのは理解できるけど、互いに闇を抱えていて共感するものがあったとしても、男が簡単に気を許して素性を明かすのは軽率な気がする。そこが徴兵だけの経験不足というところなのか。

 

 復讐という作業はネガティブなもので、それに成功したとしてもマイナスがゼロになるだけで、ようやくスタート地点に戻ったということでしかない。取り組んでいる間は自分の事ではなく、終始相手の事を考えているわけで、相手のために生きているとも言える。それでも復讐を果たさないと気がすまない状況があることは理解できるが、出来るだけ自分のために生きたほうがいい。

 

 最後まで暗い印象を払拭できない映画だったが、主人公と同様に組織で働く友人が、無駄に有能な所が唯一面白いところだったかもしれない。

 

監督 ニールス・アルデン・オプレヴ

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

ノオミ・ラパステレンス・ハワードドミニク・クーパーイザベル・ユペール

 

デッドマン・ダウン - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com