BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「マダム・エドワルダ/目玉の話」 2006

マダム・エドワルダ/目玉の話 (光文社古典新訳文庫)

★★★☆☆

 

 こういう性癖とかって、やっぱり幼少時の経験が影響するもんなんだろうな。登場人物たちが自分の欲望に無邪気に突き進む様は、恐ろしくもあるけど、清々しくもある。

 

 しかし、今みたいにネットもなくそういう情報に飢えていた少年少女が、これは読めたのだとすると、人格形成に相当の影響を与えたような気がしてしまうが、実際どうなんだろう。読んでいるのがバレても高尚な顔をしていれば、やり過ごせるという逃げ道もあるし。

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

マダム・エドワルダ/目玉の話 (光文社古典新訳文庫)

マダム・エドワルダ/目玉の話 (光文社古典新訳文庫)

 

眼球譚 - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com