BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「パーフェクト・ホスト 悪夢の晩餐会」 2010

パーフェクト・ホスト 悪夢の晩餐会

★★☆☆☆

 

 銀行強盗をして逃走する男が、パーティーを主催しようとしていた男をだまして家に上がり込む。

 

 なかなか面白いストーリー。最初は銀行強盗が他人の家に上がり込んだはいいが、人の良い家主のペースに巻き込まれて、無理やりパーティーに参加させられるのかと思ったらそうではなくて、やっぱり強盗が家主を脅すよくあるパターンなのかと思ったら、それでもなかった。全然想像していなかった方向に話は転がっていって、なかなか独創的な展開。

 

 ただ、やっぱりその展開は無理があるな、と思ってしまった。その状況で長時間ホスト役を務めるのはリアリティがない。何よりしんどそうだし、やっている最中に絶対我に返りそう。きっと違う種類のヤバさが必要だった。そして二人がこんなふうに出会うのも、確率的にリアリティがない。

 

 登場人物がどっちもどっちなアレな性格なので、誰に感情移入して良いのかよく分からなかった。ラストの終わり方は割りと好きなんだけど、でもやっぱり嘘くさく感じてしまう。面白い試みではあったけれど、失敗しているってことなんだろう。

 

監督/脚本/編集 ニック・トムネイ

 

出演  デヴィッド・ハイド・ピアース/クレイン・クロフォード/ナサニエル・パーカー/ミーガン・ペリー/ヘレン・レディ

 

パーフェクト・ホスト 悪夢の晩餐会 - Wikipedia

パーフェクト・ホスト 悪夢の晩餐会-動画[無料]|GYAO!|映画 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com