BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「鑑定士と顔のない依頼人」 2013

鑑定士と顔のない依頼人(字幕版)

★★★☆☆

 

 超一流の美術鑑定士のもとに、謎の女性から大邸宅内の美術品や調度品の鑑定を頼まれる。

 

 監督はニュー・シネマ・パラダイスジュゼッペ・トルナトーレ。こういう映画も撮るのか。彼は巨匠感あるが、まだ60台前半で意外と若い。

 

 ジェフリー・ラッシュ演じる男が顔を見せない女性に次第に惹かれていく。やがて女性も彼の想いに応えていくのだが、正直、この年齢差ムリがあるなぁって思いながら見てた。初老の男が若い女に惹かれるのは分かるけど、女がそれに応えるかな、と。ないわけじゃないけど、嘘っぽいなと思っていたので、その後の急展開は逆にホッとした。そうだろうな、と。

 

 女性を描いた絵画を集めて鑑賞するって、ちょっと高尚な感じがしてしまうが、好きなアニメのキャラクターやグラビアモデルのポスターを集めて貼るのとそう変わらない。そんなささやかな幸せを生きがいにしている人間に対してひどい仕打ちだな、って思ってしまったが、それまでの生き方では絶対に得られなかった経験ができたんだから幸せなことなのかもしれないと思い直すようになった。きっと本人が諦めていたような出来事が起きたのだから、良かったのかも。いつの間にか、手袋も外していたし。

 

監督/脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ

 

出演 ジェフリー・ラッシュジム・スタージェスシルヴィア・フークスドナルド・サザーランド

 

音楽 エンニオ・モリコーネ

 

鑑定士と顔のない依頼人 - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com