BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「叫び声」 1963

叫び声 (講談社文芸文庫)

★★★☆☆

 

 同年代の仲間二人とともに、若いアメリカ人の家で共同生活を始めた若者。

 

 居るべき場所にいないような、どこか居心地の悪い不安をそれぞれが世間に対して感じながら、日々を過ごしている。彼らが共に暮らすことでそれぞれが抱える不安を紛らわすことになったが、それぞれの不安を共有することにもなった。

 

 そしていつの間にかどれが自分の不安でどれが仲間の不安なのか曖昧になり分からなくなってしまう。そして、どこに行ってもその不安から解消されることはなく、逃れることは出来ない。

 

 最初一人称で、途中で急に三人称になり、また一人称に戻るのが不思議な感じで面白かった。

 

著者 大江健三郎

 

叫び声 (講談社文芸文庫)

叫び声 (講談社文芸文庫)

 

 

登場する作品

ダフニスとクロエー (岩波文庫 赤 112-1)

シューマン: ピアノ協奏曲 イ短調 Op.54 - 第1楽章

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com