BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「東京島」 2010

東京島

★★★☆☆

 

 遭難して無人島で暮らす一人の女と男たち。

 

 無人島で暮らすことになったらありそうなエピソードがだいたい詰まっている。さらにもしそこに女は一人しかいなかったら、というのも。

 

 ただ色々詰め込まれすぎているせいか、長く感じた。せめて、2時間以内に収めて欲しかったところ。おかげで色々と粗探しをしてしまった。

 

 そもそもこうも短い間に次々と人がやってくる島があったら、無人島になっていないと思う。たくさん人は流れつくし、出ていくのは難しいし、だけどそれなりの暮らしは出来そうなわけだから。

 

 そしてなんで島を脱出する人は助けを呼んでくれない前提になっているのか。本当だったら皆で協力して代表を送り出し、助けを呼んでもらおうとしそうなものだ。生き抜くのが厳しい島なら早く脱出しないとと焦るのも分かるけど、そういうわけでもないのに。

 

 とはいえ、脱出できた人間たちは助けを呼んでないみたいだから、彼らの予感は当たっていたわけだが。生き抜くためにあまり人には言えないことをしたから、それが露見するのを恐れて口外しなかったのか。お互い様だし、特殊な状況だから理解してもらえると思うし、逆に世間が好奇心丸出しでほっとかないと思うのだけど。

 

 結局、男女の割合がバランス取れていれば社会はうまくいくっていう教訓が得られただけのような気がする。

 

監督 篠崎誠

 

原作

bookcites.hatenadiary.com

 

出演 木村多江窪塚洋介福士誠治鶴見辰吾柄本佑染谷将太

 

音楽 大友良英 

 

東京島

東京島

 

東京島 - Wikipedia

東京島-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com