BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「スクリーム4: ネクスト・ジェネレーション」 2011

スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション

★★★★☆

 

 かつての事件の体験を綴った本を出版した女がプロモーションのために地元に戻り、また事件が起きる。

 

 「スクリーム」シリーズに4があるなんて知らなかった。冒頭の音楽や電話の音、セリフの雰囲気でこれまでのシリーズを思い出して、一気にテンションが上った。

 

 サブタイトルから想像するに、最近のリブートもののようにこれまでの出演者は出てないか、ちらっと顔を見せるだけなのかと思っていたが、シリーズの生き残りたちがガッツリ出ていてそれも意外だった。これはネタの一つなのかもしれない。

 

 これまで同様、単なる殺人事件ではなく、ホラー映画のあるあるをネタにしたコメディーとしても楽しめる。ゲイは生き残りがち、とかここ最近のお約束も取り入れられていたりして面白い。

 

 新3部作の1作目というつもりで見ていたので、犯人はお前なのかい、って思ってしまった。やっぱりそれ自体がネタなのか。シリーズを重ねるごとにつまらなくなっていくっていうのは定番だが、この映画は4作目でこの出来なら全然悪くない。普通に面白かった。

 

 噂も無いようだし、監督も死んじゃったし、もう続編は作らないんだろうな。

 

監督/製作 ウェス・クレイヴン

 

脚本/製作 ケヴィン・ウィリアムソン

 

出演 ネーブ・キャンベル/デヴィッド・アークエット/コートニー・コックス/ロリー・カルキン/アダム・ブロディ/

 

スクリーム4: ネクスト・ジェネレーション - Wikipedia

スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション(R15+)-動画[無料]|GYAO!|映画

 

関連する作品
スクリーム3 (字幕版)
 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com