BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 2015

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (字幕版)

★★★★☆

 

 台頭するファーストオーダーに対抗するレジスタンス軍は、姿を消したジェダイの騎士、ルーク・スカイウォーカーの行方を探していた。

 

 新たな三部作の主人公を演じるのは、デイジー・リドリー。女であることを全面に押し出しておらず、まるで少年漫画の主人公のようなキャラクター。別に女である必要はなかったのかもしれないけど、男にするとルーク・スカイウォーカーとかぶってしまうので目先を変えたのだろう。女性からの支持を得たいという大人の事情がありそうでもあるが、すんなりとシリーズの世界観に馴染んでいて主人公として好感が持てる。

 

 新しいシリーズととして特徴的なのは、これまでその他大勢として扱われてきたキャラクターたちが個性を出してきたところ。単なる雑兵のような扱いだったストーム・トルーパーも、仕事に悩んだり、裏切りに怒ったりと、感情を表に出すシーンが散見される。フィンにしろ、カイロ・レンにしろ、マスクを脱いで素顔を見せるシーンが多いのも特徴的。誰もがそれぞれの人生を生きている、と言いたげな物語。

 

 レイア姫ハン・ソロC-3PO、チューバッカ等、シリーズの主要キャラクターが出てくるとやはりテンションが一段上がる。みんな老けたなぁと感傷に耽らずにはいられないが。

 

 物語は「エピソード4 新たな希望」をなぞるような展開。これまでの作品へのリスペクトを感じるし、最後にルーク・スカイウォーカーが登場するのもシリーズの歴史を物語るようで悪くない。

 

監督/脚本/製作

bookcites.hatenadiary.com

 

原作 ジョージ・ルーカス

 

製作総指揮 トミー・ハーパー/ジェイソン・マクガトリン

 

出演者

bookcites.hatenadiary.com

マーク・ハミルキャリー・フィッシャー/アダム・ドライバー/デイジー・リドリージョン・ボイエガオスカー・アイザック

 

音楽 ジョン・ウィリアムズ

 

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 - Wikipedia

 

関連する作品

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com