BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「不滅の恋/ベートーヴェン」 1994

不滅の恋/ベートーヴェン [DVD]

★★★★☆

 

 ベートーヴェンの遺書に書かれた「不滅の恋人」を探すため、秘書をしていた男がヴェートーベンと関係のあった女性たちに会いに行く。

 

 ヴェートーベンの生涯を女性関係を中心にして描いている。あまり彼の音楽家としての凄さは描かれていないが、それは今更描く必要もないほど有名でしょ、ってことなのか。

 

 そして人間としてもあまり魅力的な部分は描かれていない。ただし耳が聞こえなくなり、音楽家としての不安や世間の冷たい視線や冷笑に同情はしたくなるし、偏屈になっていくのも分かる気がする。

 

 不滅の恋人とは誰だったのかのミステリー部分に関しては面白く、なかなか意外な結末だった。物語のなかで不可解だった部分も、だからかと納得できた。彼の偏屈さの一因には、若い頃のこの出来事もあったんだろうなと感じた。最後のヴェートーベンが星空の下に横たわる交響曲第9番のシーンは良かった。

 

 ヴェートーベンを演じるゲイリー・オールドマンが、若い頃から晩年まで見事に演じていたと思うが、晩年の容貌がウンナン内村光良のコントのキャラクターっぽくてちょっと笑ってしまった。ゲイリー・オールドマンウッチャン、似てなくもないな。

 

 この映画の中のセリフ回し役の秘書のアントン・シントラーは、性格に難のあるヴェートーベンを最後まで支え、死後も彼のために遺書にあった恋人を探す、献身的な良い人物で感心したのだが、調べてみると実際は、ヴェートーベンの貴重な資料を都合のいいように廃棄したり改ざんしたらしく、散々な言われようでびっくりした。

アントン・シンドラー - Wikipedia

 

監督/脚本 バーナード・ローズ

 

出演 ゲイリー・オールドマン/ジェローン・クラッベ/イザベラ・ロッセリーニ/ヨハンナ・テア・ステーゲ/ヴァレリア・ゴリノ/ミリアム・マーゴリーズ

 

不滅の恋/ベートーヴェン [DVD]

不滅の恋/ベートーヴェン [DVD]

 

不滅の恋/ベートーヴェン - Wikipedia

不滅の恋/ベートーヴェン-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com