BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」 2014

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間

★★★☆☆

 

 突然事件に巻き込まれた男が、自分の記憶が曖昧になっていくのに気づく。

 

 記憶喪失なら本当はどんな人間だったんだろうって興味が湧くけども、この設定だとへー、で終わってしまうというか。何でもありというか、何言われても受け入れざるを得ないような感じがあって、感情移入するのが難しい。

 

 そして色々詰め込みすぎで、恋愛要素も丁寧に描かれていないから、あそうなの?としか思えない。韓国要素も入れる必要ないと思うけど、監督が韓国人だし、アジアでの興行も考えていたのだろうから、これは仕方ないのか。

 

  しかし、西島秀俊は絶対、本当は特殊部隊のような所にいたはずってアクションや行動をしているのに、ただの学者なのか。無駄にガタイがいいし。関係ないけど、海外ではよく見るシャワーシーンだけど、意外と日本の映画ではあまり見ない。なんでだろ。今回も韓国人監督だし。

 

 時々、カウントダウンされる時間が表示されるのだが、ゼロになったらどうなるかが示されていないので、別に臨場感が増すわけでもなく、なんの意味も感じなかった。

 

監督/脚本 キム・ソンス

 

原作

ゲノムハザード (小学館文庫)

ゲノムハザード (小学館文庫)

 

 

出演 西島秀俊/キム・ヒョジン/真木よう子伊武雅刀

 

ゲノムハザード - Wikipedia

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com