BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

2010-06-09から1日間の記事一覧

「To The Sea」 2010

前作は少し暗めだったけど、今回は明るくなった。 ライナーノーツ読んでたら前作のときはプライベートで色々あったんだね。 穏やかで雄大な13曲目が良い。 Jack Johnson To the Sea アーティスト: Jack Johnson 出版社/メーカー: Republic 発売日: 2010/06/0…

「あおい」 2004

表題作はふらふらとしていた主人公が、田舎の夜の山道で倒れこんでから力強く立ち上がり、まっすぐに進んでいくのが印象的。 面白いTシャツを着ている人は好きだな。面白いでしょ?みたいな感じじゃなくて普通にそれを着ちゃえる人が。 「空心町深夜二時」は…

「レッド・サン」 1971

感想 西部劇にサムライ登場。しかし、鎖国が解かれて間もない日本人達も、アメリカでちゃんと扱われていたのか。勝手に行って適当に見て回っていたのかと思っていた。まぁ、映画の中の話だから、実際は良くわからないが。 いかにもアメリカ人的なチャールズ…

「めがね」 2007

感想 特別に何か起きるわけではないけれど、のんびりとずっと見ていられそうな映画。唯一、朝目覚めるともたいまさこ演じる女が、枕元で主人公を見守っていたのがよくわからない。 こんな自然のあふれる場所で、穏やかな人たちに囲まれて、美味いものを食べ…