BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

2014-04-24から1日間の記事一覧

「哲学入門」 2014

★★★★☆ 感想 ちゃんと哲学に触れる機会もなかったので、哲学は孤高の立場で、言葉だけいじくりまわしているだけだと思っていたが、随分と科学的な事に驚いた。科学の進化が哲学に影響を与えているなんて意外だった。 // 著者 戸田山和久 哲学入門 (ちくま新書…

「舟を編む」 2013

★★★★☆ 静かだけど熱い映画。皆の情熱が伝わってくる。オダギリジョーが駄目な奴っぽいのに滅茶苦茶いい奴で、いい役だ。 ただ、データの突合せなんてパソコンで一瞬で終わっちゃうんじゃないのって思ってしまうのだが、違うのか。 監督 石井裕也 原作 舟を編…

「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」 1976

★★★★☆ 内容 シリーズ18作目。 感想 旅一座にお金もないのに気前よく御馳走してしまう気風の良さや、惚れてしまうと足繁く通ってしまう子供っぽさとか、誰とでも仲良くなってしまう人懐っこさとか、人間味あふれる寅次郎に親しみを感じずにはいられない。 監…

「(500)日のサマー」 2009

★★★☆☆ 感想 男女が出会うと大体こんな感じ。最初はお互い気分が盛り上がって楽しく過ごすが、次第に互いの気持ちのずれに気付き、気になり、すれ違うようになる。 色々な映像表現が面白い。 // スタッフ/キャスト 監督 マーク・ウェブ 製作 マーク・ウォー…

「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」 1976

★★★★★ 内容 シリーズ17作目。 感想 最初はシラケた雰囲気だったが、だんだん盛り上がった。太地喜和子の人情味のある、明るく健気に頑張るキャラクターがいい。 ラストの寅次郎が滅茶苦茶かっこ良かったり、かっこ悪かったり、情けなかったりといろんな姿を…