BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

2014-07-05から1日間の記事一覧

「悪の出世学 ヒトラー・スターリン・毛沢東」 2014

★★★☆☆ 登場する三人の頭角の表し方は三者三様で、結局こういうのは、運とか巡り合せとか、不確実な要素によるところが大きいんだなという印象。もちろん、みんな野心は強かったのだろうけど。だから今、世に溢れている成功談も鵜呑みにしちゃダメだな。 ただ…

「エリザベスタウン」 2005

★★★☆☆ 感想 欧米における火葬の意味合いがうまく理解できなかったので、前半はよく分からない感じ。 後半、というか終盤の、車を長距離運転して家に帰るシーンは良かった。旅の風景と音楽と主人公の心の変化と。あえてここはダイジェスト風にしているのだろ…