BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

2018-04-22から1日間の記事一覧

「コンスタンティン」 2005

★★★☆☆ 悪魔祓いの男は、悪魔の進出によって世界の均衡が崩れ始めていることに気づく。 天使と悪魔、天国と地獄といったキリスト教的な世界観で構成されている映画。正直、あまりこういった事に関心が持てないので、あまり楽しめなかった。これは完全に見る側…