BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

2018-05-10から1日間の記事一覧

「座頭市血笑旅」 1964

★★★★☆ 自分と間違えて殺されてしまった女が抱いていた赤ん坊を、父親のもとに届けることになった座頭市。シリーズ第八作。 冒頭の足元だけを映したシーンから引き寄せられる。路面を杖や足で探り、小石や馬糞を避けながら歩いていく。それだけで座頭市のキャ…