BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

邦画

「黒の奔流」 1972

★★★★☆ あらすじ 自分の弁護で無罪を勝ち取った美女を事務所の事務員として雇うことにした弁護士の男。 感想 登場人物たちがなかなかゲスい。女を暴行できるか仲間と賭けをする男や、払うお金がないからと体を差し出そうとする女。弁護士である主人公も「弱い…

「寝ても覚めても」 2018

★★★★☆ あらすじ 恋人が行方知らずとなり失意の中にいた女の前に、恋人そっくりの男が現れる。 感想 主演二人のプライベートな話題のおかげで別の意味で有名になってしまった作品。序盤の二人のこっちが見ていられないようなイチャつき具合を見ていたら、映画…

「毛の生えた拳銃」 1968

★★★☆☆ あらすじ 若い男に組長らを襲撃された組織は、二人組の殺し屋を雇う。70分。 感想 序盤はいい感じのジャズが背景で流れつつ展開するのだが、ちょっとそれが前面に出過ぎていて鬱陶しさを感じないでもなかった。それから夜の場面などは暗すぎて何をやっ…

「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3」 2018

★★★★☆ あらすじ 三世代が暮らす家を取り仕切る主婦が家出してしまい、親族を巻き込んだ大騒動が起きる。シリーズ第3作目。 感想 三世代で暮らす家が舞台。すでにそれ自体が珍しい気がしてしまうし、さらに妻は専業主婦、隠居の老夫婦はゴルフに習い事にと悠…

「止められるか、俺たちを」 2018

★★★★☆ あらすじ 映画監督の若松孝二が代表を務める映画製作の独立プロダクション・若松プロで、助監督として働くことになったフーテンの若い女。 感想 若松孝二を中心とした周辺人物たちの群像劇。あまり若松孝二については詳しくは知らなかったのだが、井浦…

「喜劇 一発大必勝」 1969

★★☆☆☆ あらすじ 貧乏長屋に住む人々の前にひとりの荒くれ者がやって来る。ハナ肇の喜劇「一発」シリーズの最終作。 感想 序盤は死者を扱った不謹慎、悪趣味ネタを連発。この頃はそれを見て笑えるほど、死が人々の身近にあったという事だろう。戦争体験のある…

「戦争と人間 第三部 完結篇」 1973

★★★☆☆ あらすじ 戦線が拡大し、戦地に赴いた人々とその帰りを待つ人々。187分。 感想 三部作の最後の作品。今回は戦地でのシーンが多く、特に終盤のノモンハンでの戦闘シーンはかなりの迫力で見ごたえがあった。戦争の悲惨さや不毛さを訴えかけるような内容…

「戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河」 1971

★★★☆☆ あらすじ 満州事変から日中戦争へと突き進む時代に生きる男女。179分。 感想 3部作の第2部にありがちな停滞気味で重苦しい展開となっている。映画「スターウォーズ」旧三部作なら帝国の逆襲が描かれるところだ。この映画では、日本軍が戦線を拡大し…

「戦争と人間 第一部 運命の序曲」 1970

★★★★☆ あらすじ 満州での権益を確保するため、軍部をけしかけて戦争勃発を画策する新興財閥。三部作の第一作目。197分。 感想 3時間を超え、しかもこの後に同じく三時間を超える続編が二本も控えているというなかなか観始めるのに勇気がいる映画。でも観て良…

「影の車」 1970

★★★☆☆ あらすじ 昔の知り合いの女性と不倫関係となるも、なかなか懐かないその子供に猜疑心を持つ男。 感想 冷めた夫婦関係に寂しさを感じる男が、たまたま再会した女性と不倫関係になる。映画のメインとなる話はまた別なのだが、この二人が関係を深めていく…

「まだまだあぶない刑事」 2005

★★☆☆☆ あらすじ 脱獄した犯人に命を狙われていることを知った二人の刑事。シリーズ第6作目。 感想 しばしばカッコいいとダサいは紙一重だと言われるが、この映画はすべてがダサい側に転んでしまっている。一つ一つを見ればそんなに悪くはないのかもしれない…

「華の乱」 1988

★★★☆☆ あらすじ 与謝野寛と結婚し、子だくさんで生活に追われていた主人公・与謝野晶子は、偶然出会った有島武郎と強く惹かれあう。 与謝野晶子電子全集(全143作品) 日本文学名作電子全集 作者:与謝野晶子,日本文学名作大全集編集委員会 兼文出版 Amazon …

「湘南爆走族」 1987

★★★☆☆ あらすじ 湘南の暴走族のメンバーたちは、横浜の暴走族が進出してくるという噂を耳にする。 感想 織田裕二、清水美沙がオーディションで選ばれてデビューを果たし、江口洋介、竹内力ら今も活躍する役者たちが出演している事でも有名な映画。特に織田裕…

「もっともあぶない刑事」 1989

★★★☆☆ あらすじ 時効寸前の事件を追ううちに、背後にある巨大な陰謀に気付いた刑事コンビ。シリーズ第3作目。 感想 今回は主演の二人が別行動をするシーンが多い。二人の名コンビぶりだけではなく、それぞれの良さもちゃんと見せようという意図か。そして仲…

「愚行録」 2017

★★★☆☆ あらすじ 妹が児童虐待で逮捕された雑誌記者の男は、一年前に起きた一家惨殺事件の再取材を始める。 感想 冒頭のシーンの主人公からしてそうだが、登場する人物たちのナチュラルな悪意が映画のあちこちに散りばめられている。嫌な気分になるのは確かだ…

「またまたあぶない刑事」 1988

★★★★☆ あらすじ 若手実業家の裏の顔を追う二人の刑事。シリーズ第2作目。 感想 30年以上前の作品なので、演出やセリフ、衣装などに時代を感じて今の感覚ではちょっと…と思ってしまう部分は確かにあるのだが、観ているうちになんだかんだでやっぱこのコンビ…

「吹けば飛ぶよな男だが」 1968

★★★☆☆ あらすじ 兄弟分たちと共に、都会にやって来た田舎娘を騙そうと企むも、気の毒になって助けてしまったチンピラの男。 感想 いきなり世間知らずの女を山奥に連れ込んで襲おうとするエピソードから始まり、最初からなかなかエグい。これはさすがに同情し…

「あぶない刑事」 1987

★★☆☆☆ あらすじ 製薬会社の研究員が殺害されるという事件が起き、その会社の株取引で巨額の利益を得ていた画商に目をつけ捜査するコンビの刑事。人気テレビドラマの劇場版シリーズ第1作。 感想 バブル期が舞台という事で、劇中の人物たちが皆どこか派手さを…

「ヒートアイランド」 2007

★★★★☆ あらすじ ひょんなことから強盗団の大金を盗んでしまい、強盗団、ヤクザらに追われることになってしまった少年たち。 感想 主人公ら少年グループに、強盗団、暴力団、それに漁夫の利を狙う別の暴力団やブラジル人組織と、たくさんの人間が入り乱れて展…

「あいあい傘」 2018

★★★☆☆ あらすじ ある小さな町の祭りにやってきたテキ屋の若い男は、見知らぬ女性に声をかけられ恋に落ちる。 感想 ロケーションも良く映像もきれいで、こだわりを持って作られている事がよく分かる映画。作品の中に一つの世界観がしっかりと築かれている事が…

「風に濡れた女」 2016

★★★☆☆ あらすじ 人里離れた掘っ立て小屋で孤独に暮らす男の前に、野性的な一人の女が現れる。ロマンポルノ・リブート・プロジェクトの作品。 感想 冒頭の女の登場シーンはなかなか強烈なインパクトがあったが、その後はそんなワイルドな女に大きなリアクショ…

「彼らが本気で編むときは、」 2017

★★★☆☆ あらすじ 母親が男と姿をくらまし、しばらくの間、叔父さんとそのトランスジェンダーの恋人と共に暮らすことになった女子小学生。 感想 叔父さんの家に厄介になることになった主人公の女子小学生が、最初は警戒していた同棲相手のトランスジェンダーの…

「熱海殺人事件」 1986

★★★☆☆ あらすじ ありふれた殺人事件をなんとか見栄えのある事件に仕立て上げようとする刑事たち。 感想 よくある殺人事件を、マスコミや世間が食いつきそうな味わいのある事件に仕立て上げようとするコメディ映画。事件を面白くしようと、刑事が犯行現場の指…

「廃市」 1983

★★★★☆ あらすじ 卒業論文を書くために、運河がはりめぐされた古い町にやって来た青年は、滞在する旧家の複雑な事情に気付く。タイトルの読みは「はいし」。 感想 日本のベニスとも呼ばれる福岡県の柳川にやってきた主人公。水の音が常に聞こえ少しざらついた…

「菊とギロチン」 2018

★★★★☆ あらすじ 大正時代。無政府主義者が集う「ギロチン社」のメンバーたちが、女相撲の一行と交流する。 感想 アナーキストと女相撲というのは意外な組み合わせという気がするが、共に現実に抗うという意味では似ているのか。アナーキストは政治体制に、女…

「指輪をはめたい」 2011

★★☆☆☆ あらすじ 頭を打って記憶を失った男は、三股をかけていた女性たちの中で誰が意中の女性だったかを思い出そうとする。 感想 三股をかけていたが、記憶喪失で指輪を渡そうとしていた意中の女性が誰だったのかを思い出せない主人公が、その女性を探す物語…

「ICHI」 2008

★★☆☆☆ あらすじ たまたま道中で知り合った瞽女(ごぜ)と侍は、ある宿場町での争いに巻き込まれてしまう。勝新太郎主演の映画「座頭市」の主人公を女性に置き換えたリメイク作品。 感想 オープニングの一連のアクションシーンは悪くなかったが、その後に訪れ…

「ジムノペディに乱れる」 2016

★★★★☆ あらすじ かつては名を馳せるも今や落ちぶれてしまった映画監督の一週間。ロマンポルノ・リブート・プロジェクトの作品。 感想 タイトルにある「ジムノベディ」て何だろうと思って後で調べたら、エリック・サティのピアノ独奏曲の曲名だった。映画では…

「白い指の戯れ」 1972

★★★☆☆ あらすじ 捕まってしまった初めての男の知り合いに、スリの犯行グループへの加入を誘われた女。 感想 伊佐山ひろ子演じる主人公と最初の男の二人で物語が展開していくのかと思いきや、序盤で男は逮捕され退場してしまう。ということは主人公が次から次…

「激動の1750日」 1990

★★★☆☆ あらすじ 日本最大の暴力団組織で起きた跡目争い。 感想 主演は中井貴一。ドスを利かせた声や仕草でヤクザ感を出してはいるが、どうにもヤクザといった感じがしない。さらにヤクザの中でも武闘派ということになっているのだが荒くれ者にも見えず、スマ…