BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「色即ぜねれいしょん」 2004

色即ぜねれいしょん (光文社文庫)

 

感想

 頭の中はセックスのことばかり、というくらいに悶々としている十代の少年達の、みっともなくて情けなくて、だけども美しい話。

 

 青春小説は数多くあれども、こんなに堂々とセックスをストレートに言う小説も珍しい。だけど実際の十代の男の頭の中はそんな感じだから全然違和感はない。今だったらインターネットやなんかでいろいろ情報が入ってしまって、もしかしたらもっとすごいことになってるかもしれない。

 

 

 そんな主人公にこの両親はとても頼もしい。父親はかっこ良すぎ。そりゃ普通にコンプレックス持っちゃうって。

 

 いろいろ経験していろいろ学び、勇気を出して不細工に前進していくこの主人公はとても格好いい。きっといい未来が待ってるよと応援したくなってしまう。

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

色即ぜねれいしょん (光文社文庫)

色即ぜねれいしょん (光文社文庫)

 

色即ぜねれいしょん - Wikipedia

 

 

関連する作品

映画化作品

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com