BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「Gガール 破壊的な彼女」 2006

Gガール 破壊的な彼女 (字幕版)

★★☆☆☆

 

 付き合い始めた彼女は、世界の人々を危機から救う特殊能力の持ち主だった。

 

 まず、ユマ・サーマンが駄目。愛嬌がない。背も高いものだから迫力が出てしまって笑えない。気味悪さすら感じる。彼女にとっては挑戦だったのかもしれないが、見事に失敗している。

 

 コメディだからスーパーマン的な人間でも普通に恋愛したいし、諸々の事情で助けに行きたくない状況もあるっていうことを描いているのだが、そもそも人助けを始めたきっかけがわからない。たまたますごい力を手に入れたからって、別に人助けしなくてもいいんじゃないのって思ってしまう。

 

 彼女がスーパーマン的だから厄介なんじゃなくて、もともと厄介な性格の持ち主で、それが凄いパワーを持ってるからさらに厄介。分かりにくい。

 

監督 アイヴァン・ライトマン

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com 

アンナ・ファリスレイン・ウィルソン/エディ・イザード/ワンダ・サイクス/マーク・コンスエロス

 

Gガール 破壊的な彼女 - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com