BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「恋のためらい フランキー&ジョニー」 1991

恋のためらい フランキー&ジョニー (字幕版)

★★★☆☆

 

あらすじ

 出所したばかりの男がレストランで働き始め、そこでウェイターに恋をする。

 

感想

 どこにでもあるような下町のレストラン。そこで働く従業員はとても自由に働いているように見える。仕事中なのにずっと彼女に電話をかけ続ける者、鼻歌を歌いながら料理をする者、態度の悪い客に仕返しをするウェイター。みんな自由だ。日本でこんな風に働いているレストランなんてなかなか見ないが、この違いは何なのだろう。マニュアル通りの対応をして何も考えないようにしているのか、どうするのかは自分で決めようとしているかの違いだろうか。客は客でむかつくことがあったらすぐに口に出すし。ある意味しんどいが、自由な感じがしていい。

 

 アル・パチーノ演じる主人公が必死にウェイトレスにアッタクするのだが、このしつこいとも思えるポジティブさはすごい。とにかく自分の願望を伝えようとする。ウェイトレスを演じるミシェル・ファイファーの、過去に何かあったことを伺わせるような疲れ果てた表情が印象的。

 

 

 きっと恋愛映画に見せかけて、レストランで働く人たちを描こうとした映画なのだろう。店主の「働かせている」じゃなくて「働いてもらっている」って言う表現は好きだが、従業員たちが断片的にしか描かれていなくてそれは失敗している。

 

スタッフ/キャスト

監督/製作 ゲイリー・マーシャル

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

ミシェル・ファイファー/ヘクター・エリゾンド/ネイサン・レイン/ケイト・ネリガン/グレン・プラマー

 

音楽 マーヴィン・ハムリッシュ

 

恋のためらい/フランキーとジョニー - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com