BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「RENT」 2005

レント デラックス・コレクターズ・エディション (字幕版)

★★★☆☆

 

 ニューヨークで芸術に生きる若者たちを描く。

 

 アメリカってこんなにHIVエイズの人間って多いのかと驚くくらい、登場人物たちがそれにかかっている。実はそんなことなくて、ある特定の集団には多いって事だけなのかもしれないが、あまりにも普通すぎて面食らう。

 

 芸術のために生きるという事は、要するに自分のやりたいことをやって生きるという事だ。なかなかハードな生き方だ。憧れるが貧しい暮らしはしたくないし、日々を不安に過ごしたくない。じゃあ好きなことして過ごしていいよって言われても、きっと何もしたいことがなくて戸惑ってしまうのだろう。彼らのようにやりたいことが分かっているだけでも幸せなのかもしれない。

 

 ミュージカルはあまり得意な分野でないがその点は苦にならなかった。だけど途中普通の映画のようにBGMが流れるだけになっていたのには苦笑い。多分全部歌っていたら時間がかかりすぎてしまうからだろう。

 

 仲間たちがバラバラになってしまうのは悲しい、とか言っていたけど、その仲間内で3組ぐらい付き合っていたらそりゃ遅かれ早かれバラバラになるにきまってる。付き合ってるカップルが別れたらそりゃ空気は悪くなるし、顔も合わせづらい。

 

監督/脚本/製作 クリス・コロンバス

  

製作

bookcites.hatenadiary.com

 

出演 ロザリオ・ドーソン/テイ・ディグス/ウィルソン・L・J・ヘレディア/ジェシー・L・マーティン/トレイシー・トムズ/イディナ・メンゼル

 

レント (ミュージカル) - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com