BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」 2003

イン・アメリカ/三つの小さな願いごと (字幕版)

★★★★☆

 

 アイルランドからニューヨークに移住してきた家族。

 

 異国へ家族を引き連れて移住。しかもあてもなく。こういう感覚って日本人にはあまりないかもしれない。家族がいるってだけで怖気づいて動けず、嫌いな土地でも嫌な仕事でもしがみついてしまいそうだ。意を決して移住するにしても国内にとどまりそう。だけど主人公一家は世界的に見ても特殊な部類に入るのかもしれないが。

 

 ようやく借りることが出来た怪しい住人達が住むアパートで、一家4人のニューヨークでの新しい生活が始まる。やがて奥さんは仕事を見つけ、子供たちも学校に通いだし、知り合いもでき、地域に馴染んでいく。貧しくてきつい生活だが、何とかなるものだ。

 

 彼らの心には、幼くして事故で亡くした息子の事が常に引っ掛かっている。あまり言葉にすることもないが、それぞれが彼の事にわだかまりを感じている。時々表面化するそれが、家族に暗い影を落とす。

 

 そんな両親を見守る子供たちが健気で可愛らしい。やがて新しく生まれてきた生命が家族に変化の兆しを与え始める。どんなにつらい事があっても人は生きていかなくてはならない。それらを乗り越えて。

 

 ちょっと子供たちがしっかりし過ぎな印象。苦悩する両親を見ていたらそうなってしまうのかもしれないが。

 

監督/脚本/製作 ジム・シェリダン

 

出演 サマンサ・モートンパディ・コンシダインジャイモン・フンスー/サラ・ボルジャー/エマ・ボルジャー

 

イン・アメリカ/三つの小さな願いごと - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com