BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ボーン・スプレマシー」 2004

ボーン・スプレマシー (字幕版)

★★★★☆

 

 記憶喪失の中で戦うというのが良い所だったので、続編はどうなるかと思っていたが、まだ記憶は失われたままだった。まぁ納得。

 

 あんまりボーンらしくはないのだが、相手に実はここにいるんだよって、バラすシーンがいい。一気に緊張感が高まる感じが。

 

監督 ポール・グリーングラス

 

脚本 トニー・ギルロイブライアン・ヘルゲランド


原作 殺戮のオデッセイ〈上〉 (角川文庫)

 

製作総指揮 ダグ・リーマン

 

出演 マット・デイモンフランカ・ポテンテジョアン・アレンカール・アーバンクリス・クーパーブライアン・コックスアドウェール・アキノエ=アグバエクライヴ・オーウェンジュリア・スタイルズ/ガブリエル・マンウォルトン・ゴギンズ

 

ボーン・スプレマシー - Wikipedia

 

 

関連する作品 

前作

bookcites.hatenadiary.com

 

次作

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com