BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「サンシャイン・クリーニング」 2009

サンシャイン・クリーニング(字幕版)

★★★☆☆

 

 幼い息子と暮らす母親が、妹とともに事件現場の清掃業を始める。

 

 シングルマザーで掃除婦として働き、妻子持ちの男と付き合う姉と、仕事が長続きしない妹。何やら怪しげな商品を売り歩く父親。皆パッとしない人生を送るが、それでも親子、姉妹が仲良く助け合っているのが良い。そして学校に見放され、私生児だとからかわれる姉の息子を皆で全力で励まし、勇気づける姿にも心打たれる。

 

 今以上に稼ぐ必要から、自殺や他殺の現場の清掃を始める姉妹。ここで色々と面白い出来事が起こるのかと思ったらそうでもなく、パターンは少なかった。事業なんて意外と簡単に始められるものだというのが教訓。

 

 事業用に購入した中古のバンについていた無線。天国にもつながるというイメージ自体は悪くないが、実際そのつもりで無線に話しかけられると見ていられない寒いものがある。

 

 姉妹の事業は妹の起こした事件がきっかけで終わってしまうが、あんなに簡単に始めたのに、そんな事で辞めてしまうのかと、意外な気分。信用を失って仕事の依頼が無くなった、ということなら理解できる。ただそう考えるとあのラストはどうなんだ、となってしまう。

 

監督 クリスティン・ジェフズ

 

出演 エイミー・アダムスエミリー・ブラント/ジェイソン・スペヴァック/メアリー・リン・ライスカブ/クリフトン・コリンズ・Jr/エリック・クリスチャン・オルセン/ケヴィン・チャップマン/スティーヴ・ザーンアラン・アーキン/エイミー・レッドフォード

 

サンシャイン・クリーニング - Wikipedia

サンシャイン・クリーニング-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com