BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ブレイクアウト」 2011

ブレイクアウト [DVD]

★★☆☆☆

 

 豪邸に住む一家が、強盗に襲われる。

 

 強盗の一味が現れて、ニコラス・ケイジ演じる夫に金庫を開けるように脅すのは理解できる。だけど、ニコラス・ケイジが頑なに拒むのが理解できなかった。

 

 普通ならさっさと金目のモノを渡して、さっさと帰ってもらったほうがいいはずなのに。妻を殺すと脅されても頑なに拒否するので、金庫の中身は妻に見られたくないエロ本でも隠しているのかと思ってしまった。後で中身は明らかになったが、それならなおさらさっさと開ければよかった。

 

 犯人たちの態度も煮え切らない。金庫を開けさせるには色々とやりようがあるはずなのに、ずっとグズグズしている。ちゃんとやる気あるの?目的理解してる?と説教したくなる。全然進展がない。

 

 普通の映画なら、ここしかないというタイミングを見つけて主人公たちの反撃が始まるはずなのだが、この映画では小さな反抗をしてはすぐに鎮圧される、を繰り返すだけ。最初はいなかった娘が現れた時も大したことが起きずに、元の均衡状態に戻ってしまう。

 

 ニコラス・ケイジニコール・キッドマンという二人だけに、何かやってくれそうな期待を勝手に持ってしまうのだが大した見せ場もなく、ことごとく裏切られてイライラが溜まる。ただニコール・キッドマンがなぜか時々、犯人たちに田舎のヤンキーみたいに理由もなく強気の態度を取る時があって、それがちょっと面白かった。

 

 ラストは主人公たちの活躍というよりは犯人たちの自滅で終わり、全然カタルシスは得られず、ストレスだけが残る。しかも美談に仕立てようとして、良い意味でのニコラス・ケイジの気持ち悪さが、ただただ気持ち悪い感じになってしまっていた。

 

監督 ジョエル・シュマッカー

 

出演 ニコラス・ケイジニコール・キッドマン/リアナ・リベラト/ベン・メンデルソーン/キャム・ギガンデット/ジョーダナ・スパイロダッシュ・ミホク

 

ブレイクアウト (2011年の映画) - Wikipedia

ブレイクアウト | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com