BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「アイ・フランケンシュタイン」 2014

アイ・フランケンシュタイン(字幕版)

★★☆☆☆

 

 フランケンシュタイン博士により創り出されたモンスターが、大天使ミカエルに遣わされたガーゴイルと悪魔の戦いに巻き込まれていく。

 

 人間の知らない所で悪魔とガーゴイルの戦いが繰り広げられているという設定。しかし、なんでそんなコソコソと戦っているのかが良くわからない。ガーゴイルが人間のために戦っているのなら、別にコソコソせずに何なら人間と共に戦えばいいのに、と思ってしまう。自分たちが必死に戦っているのに、人間はそんなこともつゆ知らず、のんきに日々を暮らしているのを見たら、モチベーションが下がりそう。神様ってそんなに人間に尽くすものではないと思うが。

 

 そんな戦いに巻き込まれたフランケンシュタイン。元々自分を創り出し、そして捨てた人間に対して良い感情は持っていないので、人間を守ろうとするガーゴイル側に立つ理由はなにもないとは思うのだが、悪魔側が自分を狙うから、敵の敵は味方という発想か。

 

 ガーゴイル側、悪魔側共に様々なキャラクターが登場するが、皆だいたい二回目の登場で倒される、みたいな展開。何度か顔を合わせるうちに互いの関係性が深まり因縁も生まれて、ということがないので、対決シーンに何の感慨もなく、薄っぺらさを感じてしまう。まるで小ボスや中ボスばかりで、ラスボスがいないゲームのようだった。一期一会を大切に、というメッセージが込められているのなら納得。

 

 人間の知らない所でやりあっているのなら、別にどうでも良いような気もしてしまってしょうがないのだが、見ていると天使側のガーゴイル陣営のイメージが悪い。フランケンシュタインが創られたのは神の意思だからと生かしておきながら、都合が悪くなると甘い言葉でおびき出して殺してしまおうとする。なかなかのダーティぶりでイメージダウンは避けられず、多分、この映画は悪魔側の人間によって作られたに違いない。

 

 フランケンシュタインも結局何がしたかったのかよく分からなかった。

 

監督/脚本/原案 スチュアート・ビーティー

 

出演 アーロン・エッカートビル・ナイイヴォンヌ・ストラホフスキーミランダ・オットー/ジェイ・コートニー /エイデン・ヤング

 

アイ・フランケンシュタイン - Wikipedia

アイ・フランケンシュタイン 【字幕版】 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com