BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ナイトクローラー」 2014

ナイトクローラー(字幕版)

★★★★☆

 

 こそ泥をしていた男が、たまたま事故現場で見かけたフリーランスのカメラマンの仕事ぶりに興味を持ち、自分も仕事を始める。

 

 自転車を盗んだ金でカメラを手に入れ、仕事を始める主人公。最初は勝手がよくわからないが、すぐにコツを掴み存在感を示し始める。やがてはテレビ局の喜ぶ映像を取るために、被害者の遺体の位置を動かしたり、事件現場をいじったりするようにもなる。

 

 躊躇なく一線を越えていく、倫理観や善悪の感覚がまるでないかのような主人公の男を演じるジェイク・ジレンホールが迫真の演技。自身に満ち何事にも動じない男。げっそりと痩せ、見るからにヤバそう。だけど、吸い込まれてしまいそうな不思議な魅力を放っている。

 

 関係ないが、髪型のせいもあるが痩せたジェイク・ジレンホールは、ジム・キャリーに似ている。違いは、ジム・キャリーは薄っすらと常に笑わせようとしているが、ジェイク・ジレンホールは全然そんな事を考えていないところか。それでも、同じ顔になっているのはなんか面白い。

 

 まるで主人公が全てを操っているかのようなクライマックスは見応えがある。彼自身も万能感を感じていたのかもしれない。だけど彼がこんな事をしでかすのは、テレビ局がその映像を高く買い取るからで、なぜかといえば視聴者が喜ぶから。きっと自分も喜んで見ちゃっているんだろうなと想像できてしまうので、彼を簡単に非難することができない。損をするのはテレビ映えのために派手にやり合うように仕向けられる犯人や警察といった当事者たち、というのも何か不思議な気がする。

 

 良い映像のためならどんなことでもする男には破滅の道が待っていそうだが、そうはならない所に逆にリアリティを感じる部分もある。何であれその道で成功する人はこれぐらい普通じゃない部分がないと駄目なのかもしれない。ちょっと嫌な気分にはなるが、救いがあるのは、今のところは破滅していないだけで、この先そうならないとは言い切れないところだ。正義がなされる可能性はまだある。

 

監督/脚本 ダン・ギルロイ

 

製作 ジェニファー・フォックス/トニー・ギルロイ/デイヴィッド・ランカスター/ミシェル・リトヴァク

 

製作/出演 ジェイク・ジレンホー

 

出演 レネ・ルッソリズ・アーメッドビル・パクストン/アン・キューザック/キャスリーン・ヨーク

 

ナイトクローラー (映画) - Wikipedia

ナイトクローラー | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com