BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「コロンビアーナ」 2011

コロンビアーナ (字幕版)

★★★★☆

 

あらすじ

 両親を殺された少女は、アメリカに渡って殺し屋となり、復讐のために動き出す。

 

感想

 冒頭の両親が殺された後に、少女が追手から逃げるシーンが圧巻。建物から脱出し、コロンビアの民家が密集する町中を疾走する。割とよくあるといえばあるシーンなのだが、それを幼い少女がやるのが新鮮。多分CGだろうが、単純にすごいと思ってしまった。

 

 この少女のまま続けてほしかった気もするが、やがて少女は大人になり殺し屋となる。少女やモデル体型の女性、女殺し屋と、リュック・ベッソンの好きなものばかり。しかし、主演のゾーイ・サルダナ、細すぎる。

 

 殺し屋として仕事をしながら、そのターゲットに復讐相手をおびき出すヒントを残していく主人公。しかしその事が彼女を追い詰めることにもなってしまう。もっと上手いこと出来そうなものだがとは思うのだが、彼女は殺し屋としては一流なだけで、そういった捜索とかは専門外だからなのかもしれない。

 

 何度か厳重な警備をかいくぐってターゲットの元に見事に迫る手口を見せて、復讐相手の要塞も同様のやり方かと思わせておいての、まさかの正面突破は気持ちよかった。主人公の決意がよく伝わってくる。

 

 そしてついに復讐に成功する主人公。ただそのクライマックスシーンが、主人公の目の前で展開されなかったので、痛快感はあまりなかったのが残念。一応、前振りなどはあったので、なるほどねとは思ったのだが。

 

 多少の不満はあるが、リュック・ベッソンの好きなものは大抵の男も大好きなので、それらを眺めているだけでも概ね満足できてしまう部分はある。トータルで見れば悪くない映画。

 

監督 オリヴィエ・メガトン

 

脚本/製作 リュック・ベッソン

 

出演 ゾーイ・サルダナマイケル・ヴァルタンクリフ・カーティスレニー・ジェームズ/カラム・ブルー/ジョルディ・モリャ/ アマンドラ・ステンバーグ

 

コロンビアーナ (字幕版)

コロンビアーナ (字幕版)

 

コロンビアーナ - Wikipedia

コロンビアーナ | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com