BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ザ・ウォード 監禁病棟」 2011

ザ・ウォード 監禁病棟 (字幕版)

★★★☆☆

 

あらすじ

  放火の疑いで精神病院の監禁病棟に入れられた少女。そこでは次々と他の患者たちが姿を消していき、恐れた少女は脱走を試みる。

 

感想

 主人公が監禁病棟に入れられた時から感じている不気味な謎の女の存在。物理的に入ってこられないところに現れたりするので、ゴースト的な存在かと思いきや、他の患者たちを襲ったりと、現実に具体的な被害をもたらしている。この謎の女をどういう風に捉えればいいのか、見ている間は戸惑ってしまった。誰かが謎の女に扮して患者たちを襲っていると考えるの無理だし、かといってゴーストの犯行としてしまうと何でもありで荒唐無稽過ぎてしまう。

 

 そんなモヤモヤを抱えながら見ていたのだが、終盤に主人公が担当医のノートを見た瞬間に一気に解決。主人公が精神病棟の患者だという事は頭の隅に引っかかっていたが、そういう事かと納得。種明かしをされてしまうと、結構ありがちというか、ベタな話だなと思ってしまうから不思議だ。そんな話をこんな風に引っ張れるのが、監督の手腕なのかもしれない。

 

 ただそんな性質の映画なので、それぞれのシーンが断片的に描かれ、その度に小さなストレスは溜まっていく。そして、種明かしをされるとベタだなと思ってしまうので、正直あまりスッキリ感は生じなかった。ただ、それを知った上でもう一回最初から見たら、また違う面白さを感じられる映画かもしれない。

 

スタッフ/キャスト

監督 ジョン・カーペンター

 

出演 アンバー・ハード/メイミー・ガマー/ダニエル・パナベイカー /ローラ=リー/リンジー・フォンセカ/ミカ・ブーレム/ジャレッド・ハリス/ダン・アンダーソン/スザンナバーニー

 

ザ・ウォード/監禁病棟 - Wikipedia

ザ・ウォード 監禁病棟(R15+) | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com