BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」 2010

映画「ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲-」【TBSオンデマンド】

★★★☆☆

 

あらすじ

  あれから15年。独裁者の知事とその娘ゼブラクィーンが支配するゼブラシティと名を変えた東京で、ゼブラーマンは目覚めるが記憶を失っていた。

 

感想

 記憶喪失のゼブラーマンが記憶を取り戻すまでの前半一時間がとてつもなくつまらなかった。おそらくこの時間は物語の世界を紹介しつつ、コメディを楽しむ時間にあてたのだと思う。しかし、コミカルシーンは面白くないわけではないが、かといって特別笑えるというわけでもなくて、その程度であれば別にいらなかった。簡潔に事情を説明して、さっさと本題に入って欲しかった。

 

 面白くなかった原因を考えるに、おそらくネタ自体は悪くないと思うのだが、演出や演技力に問題があったような気がする。田中直樹やガダルカナル・タカといった本職の人間が出ているのだが、そのせいで逆にコント感が強くなってしまっていて笑えなかった。

 

 

 なかなかの苦痛の時間が過ぎて、ようやくゼブラーマンは記憶を取り戻し、ゼブラクィーンとの対決が始まる。もうこの時点でだいぶあきらめの気持ちになっていたのだが、意外にもここからは面白かった。

 

 ゼブラクィーンがなぜか洗濯機を回し始めるあたりのシーンは、雰囲気のある薄闇の中の映像で、どこかクラシカルな映画のようですらあった。そして、ヒーローと悪者が対決するシーンは、悪くないCGとバックに流れるいい感じの音楽も相まって、アメコミヒーロー映画ぽさが出ていた。

 

 仲里依紗演じるゼブラクィーンは、セクシーな衣装やダンスなどお色気要素が満載でこの手の映画にピッタリの役柄。触手に襲われたりして、ちゃんと分っている演出。監督がノリノリで演出していることが良く分かる。ただゼブラーマンとの合体シーンはもうちょっと何か欲しかった。

 

 前半部分がもっと簡潔であれば、もっと良い印象になったであろう映画。

 

スタッフ/キャスト

監督 三池崇史

 

脚本 宮藤官九郎

 

出演 哀川翔/仲里依紗/阿部力/井上正大/田中直樹(ココリコ)/ガダルカナル・タカ/永野芽郁/スザンヌ/波岡一喜/木下ほうか/中野英雄/六平直政/前田健

bookcites.hatenadiary.com

 

音楽 池頼広

 

ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- - Wikipedia

ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲- | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

関連する作品

前作 

ゼブラーマン

ゼブラーマン

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com