BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「キリング・ガンサー」 2017

キリング・ガンサー(字幕版)

★★★☆☆

 

あらすじ

 世界一の殺し屋ガンサーを倒すために集まった殺し屋たち。

 

感想

 ドキュメンタリー風のコメディ映画。しっかりと練り上げて笑いを取っていくというよりも、とにかくたくさんの笑いを詰め込んでいくタイプの映画。この手の映画はお気楽にゆるく見たい感じがあるが、笑いが小刻みに入っていて、しかもテンポも速いので、あまりのんびり見るというわけにもいかず、どこか忙しなかった。

 

 世界トップの殺し屋を倒すところを映像に収めたいと考えた主人公が、プロの撮影隊を雇って撮影しているという設定で、モキュメンタリー手法を使った映画となっている。個性的な殺し屋たちが集まり、そしてひとりずつ、割とあっさりと死んでいくという展開は悪くなかった。中でも、ガサツな感じのロシアの姉弟や、娘を溺愛する元凄腕の暗殺者のおじさんなどは割と好きだった。

 

 

 ただ、中盤に実は主演ではなく客寄せパンダのアーノルド・シュワルツェネッガーが登場してからは、彼をリスペクトし過ぎたのか、テンポが悪くなりかなりダレてしまった。どこで終わってもいいような映画だったので、正直もういいから早く終わってくれないかなと思ってしまった。

 

 肝心のコメディの方は、そこそこ面白いという程度。ジャブのような細かいギャグで連打され、時々クリーンヒットもあったのだが、最終ラウンドが終わってもダウンすることなく余裕で立っていられたという感じ。本当なら、序盤からのジャブが効いて、終盤になるともう何をやっても笑えてしまう、という状態になるのが理想だったのかもしれないが、残念ながらそうはなっていなかった。

 

スタッフ/キャスト

監督/脚本/製作/出演 タラン・キラム

 

製作総指揮/出演 アーノルド・シュワルツェネッガー

 

出演 ボビー・モナハン/ハンナ・シモーヌ/ポール・ブリテイン/アーロン・ヨー/アリソン・トルマン/コビー・スマルダーズ

 

キリング・ガンサー(字幕版)

キリング・ガンサー(字幕版)

  • 発売日: 2018/12/19
  • メディア: Prime Video
 

キリング・ガンサー - Wikipedia

キリング・ガンサー 【字幕版】 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com