BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「二流小説家 シリアリスト」 2013

二流小説家 シリアリスト

★☆☆☆☆

 

あらすじ

 世を騒がした猟奇殺人事件の犯人である死刑囚に、告白本を書いて欲しいと依頼された売れない作家。

 

感想

 売れない作家が死刑囚に呼び出され、告白本を書かないか、と持ち掛けられて物語は始まる。なのだが、正直、何に関心を持ってこの映画を見続ければいいのか、全く良く分からなかった。事件の真相なのか、告白本の行方なのか。事件については犯人は捕まっているわけだし、無罪を訴えているわけでもない。告白本もどうなろうが知ったこっちゃない。どこにも引っかかるところがない。

 

 そして、クレイジーキャラの死刑囚とか、いい歳の主人公を叱咤激励するしっかり者の女子高生とか、どこかで見た事のあるようなキャラクター達を、鮮度ゼロのキャスト達でやっている。赤を強調した映像とか、手がかりの気づき方とかの演出もありきたりすぎる。「良いニュースと悪いニュースがある」とか邦画で言うのかよ、と思っていたら、「じゃあ、良いニュースからお願いします」とか普通に答えているし。寒すぎる。見る意欲をどんどんと奪っていくスタイル。

 

 

 というわけで、ほとんど白々とした気分でただ眺めていた。もう何が起きても知らないおじさんの身の上話を聞いてる時くらい興味がなかった。物語もキャストも演出もすべて駄目というのは逆にすごい。原作は「このミステリーがすごい」第一位になったらしいが、本当に?と疑いたくなるレベル。

 

 ただ冷静に考えると、面白くなる要素は多分たくさんあるのだろうなと思う。主人公を魅力的に描くとか、事件をもっと興味深く描くとか。この映画はそれらがすべて駄目。どこかで見た事のあるシーンの連続だった。劇中で、たくさん本を読むだけじゃなくて、それを取り込んで自分のものにしろ、みたいなセリフがあったが、その言葉をそっくりそのままこの映画の制作者に贈りたい。

 

 本当に何をしたい映画なのかさっぱりわからなかったが、もしかしたら「砂の器」的な事をしたかったのかな、とちょっとだけ思った。

bookcites.hatenadiary.com

 

スタッフ/キャスト

監督/脚本 猪崎宣昭

 

脚本 尾西兼一/伊藤洋子/三島有紀子


原作 二流小説家


出演 上川隆也/武田真治/片瀬那奈/平山あや/小池里奈/黒谷友香/賀来千香子/でんでん/長嶋一茂/戸田恵子/中村嘉葎雄/佐々木すみ江/本田博太郎/伊武雅刀/高橋惠子

 

音楽 川井憲次

 

二流小説家 シリアリスト

二流小説家 シリアリスト

  • 発売日: 2014/04/07
  • メディア: Prime Video
 

二流小説家 - Wikipedia

二流小説家 シリアリスト | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com