BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角」 1986

プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角 (字幕版)

★★★★☆

 

あらすじ

 片親で貧しい家庭の女子高生が、裕福な同級生と恋仲になり、卒業パーティーに誘われる。

 

感想

 貧乏な少女が金持ちのお坊っちゃんに見初められ、彼女に恋心を抱く幼馴染の助力もあって、身分の差を乗り越えた恋愛を成就させる、というまるで少女漫画のようなストーリー。内容も割とあっさりとしたもので、取るに足りない物語と言えない事もないのだが、主演のモリー・リングウォルドの魅力だけで全然観ていられる映画。

 

 彼女は貧しい設定だが、困難に直面しても決してヤンキー的態度を取らず、将来を見据え常に大人な姿勢でそれを解決しようとする。そして片親である父親を思いやり、友人を大事にする心優しい性格の持ち主でもある。さらにはファッションも個性的で、その仕草や表情、雰囲気がとても可愛らしい。ずっと見ていたいようなキャラクターだった。

 

 

 そしてこの映画の80年代のアメリカの空気感がとてもグッとくる。レコードショップだったりファッションだったり、ラジカセだったり車だったり、出てくるものがどれも魅力的に思えてしまう。ちょうど時代的に、この頃が良く見える時期なのかもしれない。ほんのちょっと登場しただけの無駄に前面がでかいスクーター、ホンダのスペイシーも妙にカッコよく感じてしまった。この無駄な感じが良いのかもしれない。余裕が窺えて。

www.honda.co.jp

 

 登場人物の中では、いつも彼女に付きまとう幼馴染の男友達が、ただの鬱陶しい奴でしかなくて見ているのがきつかった。お笑い担当だと思うのだが、ほとんど面白くなく、イライラさせられる存在だった。

 

 クライマックスはアメリカの青春映画の定番、卒業パーティ・プロムのシーン。障害を乗り越えて二人の恋が実る、という一番肝心なシーンなのだが、ここで主人公が着ていたドレスがもっさりとしていて、ダサかったのがとても残念だった。それまで彼女はめちゃくちゃスタイリッシュだったので、急にどうした?と聞きたくなるくらい。少しがっくり来たが、でも主人公が可愛かったから別にいいかと許せてしまう、そんな映画。

 

スタッフ/キャスト

監督 ハワード・ドゥイッチ


脚本/製作総指揮 ジョン・ヒューズ

 

出演 モリー・リングウォルド/アンドリュー・マッカーシー/ジョン・クライヤー/ハリー・ディーン・スタントン/アニー・ポッツ/ジェームズ・スペイダー/ケイト・バーノン/エミリー・ロングストレス/アレクサ・ケニン/ジム・ヘイニー/ドウィージル・ザッパ

 

音楽 マイケル・ゴア

 

撮影 タク・フジモト

 

プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角 (字幕版)

プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角 - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com