BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ザ・アウトロー」 2018

ザ・アウトロー(字幕版)

★★★☆☆

 

あらすじ

  連邦準備銀行への強盗を企む一味と、それを察知して追う刑事たち。原題は「Den of Thieves」。

 

感想

 主演の刑事を演じるジェラルド・バトラーが、武闘派のヤクザっぽいというか、プロレスラーぽい適度に脂肪のついた体格でリアリティがある。体脂肪率ひとケタみたいな体よりもタフで強そうだし、それに内面もガサツで図太い性格に見えるので、いろいろな意味で相手にするのは厄介そうな雰囲気を漂わせている。

 

 それと、犯罪者集団のメンバーの一人を演じるオシェア・ジャクソン・Jrが父親のアイス・キューブとそっくり過ぎ。

AmeriKKKa's Most Wanted [Explicit]

AmeriKKKa's Most Wanted [Explicit]

  • 発売日: 2015/04/13
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

 難易度の高い連邦準備銀行の金を奪うために着々に準備を進める犯罪者集団と、その動きを嗅ぎつけマークする刑事。両者の様子が犯行決行の数日前から描かれていく。犯罪者集団のメンバーひとりずつにスポットが当てられ、刑事のプライベートな面も描かれつつ、クライマックスへと近づいていく。

 

 この深みを出そうとする語り口は、めちゃくちゃ面白くなってきそうな雰囲気を漂わせているのだが、残念ながらその期待を上回ることなく映画が終わってしまった、というのが正直な感想だ。犯行前に描いた個々の様子はどれもメインのストーリーに結びついていかず、逆に何で描いたの?と不思議になるくらい。全然物語に厚みを加えることができなかった。

 

 

 ラストは、そのまま過ぎる「ユージュアル・サスペクツ」風展開が待ち受けていたが、これもまた思っていたより爽快な展開にはならなかった。

ユージュアル・サスペクツ (字幕版)

ユージュアル・サスペクツ (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 ただ、最初と最後の銃撃戦に関しては迫力があって見応えがあった。犯罪者たちが元海兵隊員で重装備ということもあり、もはや犯罪者の銃撃戦というよりは軍隊の市街戦みたいになってしまっているが。主人公が「あいつら防弾チョッキを着ているから、頭か腕を狙え」みたいな指示を出していて、殺す気満々で捕まえる気ゼロやん、と笑ってしまった。

 

  期待感だけでグイグイと物語を引っ張っていく力はあるので、2時間を超える上映時間でもダレなかったのは見事だった。あとは期待に応えてくれたら最高だった。続編があるらしいので、そうなってくれていることを祈るばかり。

deadline.com

 

スタッフ/キャスト

監督/脚本/原案 クリスチャン・グーデカスト


製作/出演 ジェラルド・バトラー

 

出演 オシェア・ジャクソン・Jr/カーティス・"50セント"・ジャクソン/パブロ・シュレイバー/エヴァン・ジョーンズ/クーパー・アンドリュース/ブライアン・ヴァン・ホルト/ルイス・タン/マックス・ホロウェイ/ジョーダン・ブリッジス

 

音楽 クリフ・マルティネス

 

ザ・アウトロー(字幕版)

ザ・アウトロー(字幕版)

  • 発売日: 2019/01/30
  • メディア: Prime Video
 

ザ・アウトロー - Wikipedia

ザ・アウトロー 【字幕版】 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com