「ラブ・オブ・ザ・ゲーム」 1999

★★★★☆ 監督 サム・ライミ 全盛期を過ぎ岐路に立つメジャーリーガーの投手が様々な想い出を噛みしめながら大記録に挑む。 野球は映画にしやすい。ピッチャー対バッターの1対1の対決。投球ごと、イニングごとの程よい間がある。その間の中に様々なドラマを埋め込むことが出来る。 この映画はそれをうまく利用しているなぁと…