BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ビブリア古書堂の事件手帖」 2018

★★☆☆☆ あらすじ 亡くなった祖母の大事にしていた本の秘密を探るため、古本屋を訪れた主人公は、ひょんなことからそこでアルバイトをすることになる。 感想 主人公の祖母の若き日の秘密の恋と、古本屋の希少本が何者かに狙われるという話、その二つの物語が並…

「運命のボタン」 2009

★★★☆☆ あらすじ ある日突然、謎のボタンが家の前に置かれ、知らない男からある提案を持ちかけられた夫婦。原題は「The Box」。 感想 謎の男が突然やって来て、このボタンを押せば100万ドル上げます、ただしあなたの知らない誰かがどこかで死んでしまいます、…

「今日も嫌がらせ弁当」 2019

★★☆☆☆ あらすじ 会話がなくなった反抗期の娘のために、毎日嫌がらせのキャラ弁を作る母親。 今日も嫌がらせ弁当 作者:Kaori(ttkk) 三才ブックス Amazon 感想 やっぱりキャラ弁ネタだけで映画を作るのは厳しかったなと言うのが素直な気持ちだ。嫌がらせのキャ…

「カリフォルニア・ダウン」 2015

★★★★☆ あらすじ 史上最大規模の巨大地震が起こり、家族を助けるために現地に向かうレスキュー隊員。原題は「San Andreas」。 感想 巨大地震でダムは壊れて高層ビルは次々と崩れ落ち、そして大津波がやって来るディザスタームービー。とにかく映像の迫力がす…

「動物農場」 1945

★★★★☆ あらすじ 農場主を追い出し、動物による動物のための生活を始めた農場の動物たち。 感想 自分たちから搾取する農場主を追い出し、動物のための自由で平等な社会を始めたはずが、結局は新たな独裁者が現れただけで、暮らしはより苦しくなってしまったと…

「夜明けの街で」 2011

★★☆☆☆ あらすじ 不倫など馬鹿らしいと思っていたのに、不倫にのめり込んでしまった男。129分。 感想 不倫相手にサスペンスの気配を感じさせながら、主人公が不倫にのめり込んでいく過程が描かれる。でも奥さんは疑う様子を見せないし、不倫相手は駄々をこね…

「セックス・アンド・ザ・シティ2」 2010

★★★☆☆ あらすじ 中東アブダビの豪華ホテルに招待されたいつもの4人組。146分。 感想 いつもの4人組が中東に。エキゾチックで豪華な旅行を見せながら、いつもの女の友情や人生についてが描かれていく。ただ、彼女たちの乗るファーストクラスの飛行機や泊まる…

「アナザヘヴン」 2000

★★☆☆☆ あらすじ 殺した人間の脳みそを使って料理するという猟奇殺人事件が立て続けに起き、犯人を追う刑事。131分。 感想 まるで、みなさんご存じテレビドラマの映画化ですと言わんばかりの、いきなり本題から始まる導入部分。だが別にそういう流れで作られ…

「Au オードリー・タン 天才IT相7つの顔」 2020

★★★☆☆ 内容 コロナ対策で世界的な注目を集めた台湾の若き天才IT相、オードリー・タンの様々な顔を紹介する。 唐鳳 - Wikipedia 感想 オードリー・タン、彼女については台湾のIT担当大臣としてマスクマップを始め、ITを活用して臨機応変にコロナ対応した天才…

「ゼイリブ」 1988

★★★☆☆ あらすじ 真実が見えるサングラスで地球が宇宙人に支配されていることを知った男は、仲間と共にレジスタンス活動に参加する。 感想 宇宙人に地球を侵略されるという物語はよくあるが、サングラスをかけると支配された本当の地球の姿が見えるという設定…

「14の夜」 2016

★★★☆☆ あらすじ セクシー女優が近所のレンタルビデオ屋にやって来るとの噂を信じて、深夜に集まった冴えない中学生たち。 感想 舞台は1987年の田舎町。田園風景が広がって古い日本家屋が登場したりするのに、大きなアーケードの商店街もあって、いまいちどん…

「愛は静けさの中に」 1986

★★★★☆ あらすじ 片田舎のろう学校に赴任してきた教師は、そこで働く若い聾唖(ろうあ)の女性と出会う。原題は「Children of a Lesser God」。 感想 片田舎のろう学校に赴任してきた主人公が、生徒に熱心に教えようとするのは言葉を発声すること。この世界の…

「ある男」 2018

★★★★☆ あらすじ 不慮の事故で亡くなった夫が別人に成りすましていたことが判明し困惑する女性から相談を受け、その男の素性を探ることになった弁護士。 感想 自分の結婚相手が名前や素性を偽っていたと知ったら間違いなく驚く。しかも偽名ではなく実在する赤…

「楽園」 2019

★★☆☆☆ あらすじ 少女失踪事件が起きたある小さな集落の人々のその後。 感想 冒頭からしばらく、登場人物たちの挙動不審で不自然な言動が続く。外国人役のたどたどしい日本語だったり、心を閉ざした青年のぎこちない動きだったりと、妙に引っかかるわざとらし…

「終わりで始まりの4日間」 2004

★★★★☆ あらすじ 母親の葬儀のために9年ぶりに故郷に戻って来た青年は、一人の女性と出会う。原題は「Garden State」。 感想 冒頭からユーモアを交えた表現で、主人公の青年の現状を描き出していく。面白く笑えるのだが、勝手にナタリー・ポートマンがメイン…