BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「アメリカン・バーニング」 2016

★★★☆☆ あらすじ 高校スポーツの花形選手でミスアメリカの州代表になった女性と結婚した男のその後の人生。 感想 スポーツ万能で将来は社長、妻は美人と、前途洋々な人生だと誰もが思っていた男がたどったのは、皆が思ってもいない人生だった。公民権運動や反…

「宮城野<ディレクターズカット版>」 2010

★★★☆☆ あらすじ 絵師の弟子として働く男と女郎の関係が、謎の絵師、東洲斎写楽の存在を絡めて語られる。 送料無料 東洲斎写楽『中山富三郎の宮城野』木版画 人物画 浮世絵 役者絵 大首絵 女形 歌舞伎 錦絵 雲母摺 江戸【版画 絵画】【A287】 出版社/メーカー…

「嗤う分身」 2014

★★★☆☆ あらすじ 控えめな性格で誰にも相手にされない主人公の職場に、自分そっくりの男が入社してくる。 感想 陰影の深い映像と時代や場所が曖昧な舞台、時おり流れる日本のグループサウンズと、不思議な世界観が出来上がっている。この奇妙な空間だと、主人…

「全員死刑」 2017

★★☆☆☆ あらすじ 金に困ったヤクザの一家は、金貸しの女を殺害し現金を奪おうと計画する。実際に起きた事件が題材。 大牟田4人殺害事件 - Wikipedia 感想 資産家の女とその家族が次々と殺されていく事件。こんな事件が実際に起きたのだなという意味では興味深…

「ズートピア」 2016

★★★★☆ あらすじ 両親の心配をよそに、夢だった警察官になったウサギの少女。しかし、小型の草食動物という事で思うような仕事を任せてもらえず苦悩する。 感想 物語の世界観の紹介から主人公の立場の説明、そして地道な努力の末に幼い頃からの夢を叶え警察官…

「夢二」 1991

★★★☆☆ あらすじ 金沢で駆け落ちの約束をした女を待つ竹久夢二。 竹久夢二『立田姫(二曲一隻屏風絵)』復刻版画 人物画 女性画 美人画 びょうぶ パーテーション 間仕切り【版画 絵画】【A592】 出版社/メーカー: 竹久夢二 メディア: この商品を含むブログを見…

「教授のおかしな妄想殺人」 2015

★★★☆☆ あらすじ 悲観的で人生に無気力になっていた大学教授が、たまたま耳にした悪い噂のある判事の殺人を思いつく。 感想 新たに大学にやって来た哲学科の教授。かつては世界を変えようと精力的に活動していたが、やがては無力感に襲われ、無気力で悲観的に…

「私は猫ストーカー」 2009

★★☆☆☆ あらすじ 野良猫のあとをつけるのが趣味の、古本屋アルバイト女子店員。 感想 なんでもない日常が淡々と描かれる。路地を歩き猫を見つければ写真を撮ったり、人目を憚らずにじゃれ合う女子。多少ヤバい空気は出ているが、突き詰めることはしないので猫…

「マイ・ブラザー 哀しみの銃弾」 2013

★★★★☆ あらすじ 出所したばかりの兄とわだかまりを抱えながらも彼を支えようとする警察官の弟。2008年のフランス映画「Les Liens du sang」のリメイク。 感想 スタイリッシュで期待が高まるオープニング。使われている音楽も良くて、センスを感じさせる作品…

「甘い鞭」 2009

★★★☆☆ あらすじ 高校生の時に監禁事件の被害者となった女医。夜はSMクラブで働いている。 感想 思っていたより激しい描写の連続で面白く感じるのだが、次第に慣れてくる。SMクラブのシーンでも感じるが、初めて訪れた人はひどく興奮するものでも、そこで働い…

「ネスト」 2009

★☆☆☆☆ あらすじ 離婚して子供二人と田舎の大きな一軒家に引っ越してきた作家の男。庭に大きな塚があるのを発見し、やがて娘の様子がおかしくなる。 感想 少し懐かしい感じがしてしまうホラー映画にありがちな仄めかしや匂わせの連続。寄せては返す波のように…

「健さん」 2016

★★★★☆ 内容 高倉健を知る人たちにインタビューしたドキュメンタリー映画。 感想 世界的な映画監督から行きつけだったお店の主人まで幅広くインタビューが行われている。 特にマーティン・スコセッシやジョン・ウーら映画監督たちの話は、普段はあまり表に出…

「ギャラリー 欲望の画廊」 2010

★★★☆☆ あらすじ ロンドンの現代アートを扱うギャラリーを中心にした人間模様。 絵画風 壁紙ポスター(はがせるシール式) ピエト・モンドリアン Victory Boogie Woogie 1942?44年 抽象絵画 モダンアート キャラクロ K-MND-003S1 (594mm×594mm) 建築用壁紙…

「ミッドナイト・イーグル」 2007

★★☆☆☆ あらすじ 謎の飛行物体の正体を探るために雪山を行く元戦争カメラマン。 感想 冒頭の主人公が戦争カメラマンに限界を感じるエピソードが陳腐過ぎる。陳腐なのはともかく演出が全然ダメで、ああこれはつまらない映画だなと察してしまった。 2時間以上あ…

「羆嵐」 1977

★★★★☆ あらすじ 1915年に北海道で起きた日本史上最大の熊による獣害「三毛別(さんけべつ)羆事件」 を題材にした小説。 三毛別羆事件 - Wikipedia 感想 開拓民たちが三毛別に移り住むことになった経緯についての軽い紹介が終わった途端に始まるヒグマによる…