BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「蜜のあわれ」 2016

蜜のあわれ

★★★☆☆

 

 老作家と彼が擬人化した金魚。

 

 老作家が飼っている金魚を擬人化して戯れる幻想的な映画。金魚を見て老人がいろんな妄想を掻き立てているなんてまさか思わない。この作家が特殊なのか、普通だけど誰も言わないだけなのか。

 

 金魚役の二階堂ふみの奔放な演技がいい。金魚と見紛うことはないが、年寄りが妄想しそうなお転婆な少女になっている。彼女のセリフの品のある言葉遣いも趣がある。こういう言葉、どうして絶滅してしまったのだろう。わずか70年ほど前の言葉遣いなのに。

 

 幻想的な映画なだけに、途中でダレる部分はあったが、この手の映画としては悪くない。作家が自ら生み出した少女なのに、思い通りにならずに苦悩するというのはちょっと面白い。若い娘に振り回されたいという願望なのだろう。全体的に死を意識したり、人生を振り返り総決算するような流れになりがちなのも、老年の傾向なのかもしれない。

 

監督/編集 石井岳龍

 

原作 蜜のあわれ

 

出演 二階堂ふみ大杉漣真木よう子永瀬正敏韓英恵上田耕一高良健吾

 

蜜のあわれ

蜜のあわれ

 

蜜のあわれ - Wikipedia

蜜のあわれ | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com