BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「『男はつらいよ』50年をたどる。」 2019

★★★☆☆ 内容 国民的映画「男はつらいよ」の50年を振り返る。 感想 山田洋次が監督になるまでの半生が書かれていて、戦前戦中は満州で運転手やお手伝いさんがいるような裕福な暮らしをし、戦後は一転して日本で貧しく苦しい生活を送ったというのは知らなかった…

「ファインディング・ドリー」 2016

★★★☆☆ あらすじ 物忘れが激しいナンヨウハギのドリーは、よみがえった断片的な記憶を頼りに、幼い頃に生き別れた両親を探す旅に出る。 (海水魚)バリ産 ナンヨウハギ Mサイズ(1匹) 本州・四国限定[生体] メディア: その他 感想 前作「ファインディング・ニモ…

「アクシデンタル・スパイ」 2001

★★★☆☆ あらすじ たまたま銀行強盗事件の解決に活躍し有名になった男は、ある私立探偵から韓国の資産家に会うよう頼まれる。 感想 孤児院で育った主人公が、実の子を探す余命少ない韓国の資産家の元へ行き、そこから物語は動き出す。まずは、資産家の男が残し…

「フリーランサー NY捜査線」 2012

★★☆☆☆ あらすじ 警官になった男は、父親の元相棒に誘われて汚職に手を染めていく。 感想 死んだ父親の背中を追うように警官になった主人公。しかし、麻薬の密売人までやっていた男が警官になるなんて驚かされる。昔は不良だったとかいうレベルじゃない。でも…

「嘔吐」 1938

★★★☆☆ あらすじ 世界中を旅した後、フランスの港町に居を構え、ある人物の伝記を書くために図書館に通う男。 感想 金に不自由せず、ただ自分の関心のままに図書館に通い、ある人物のことを調べる主人公の日々が日記形式で綴られていく。劇的な出来事はほとん…

「捨てがたき人々」 2014

★★★★☆ あらすじ 生きることに飽き、生まれ故郷の五島列島に戻って、持ち金がなくなるまで無為に暮らそうとする男。 感想 主人公の周りの登場人物たちはほとんどが中年以上なのだが、男女の関係に皆が夢中になっている。娯楽の少ない田舎ならではと言えるのか…

「ボーイズ'ン・ザ・フッド」 1991

★★★★☆ あらすじ 母親の元を離れ父親と暮らすことになった少年と、近所の仲間たちとの物語。 感想 麻薬や発砲は日常茶飯事で、死体を見ることも珍しくない黒人社会での暮らし。幼い子供たちがそんな日常に慣れてしまっていてることに恐ろしさを感じる。そして…

「虎の尾を踏む男達」 1945

★★★☆☆ あらすじ 頼朝に追われる源義経・武蔵坊弁慶の一行は奥州へ逃れるため、変装して加賀の関所を通り抜けようとする。歌舞伎「勧進帳」を題材にした物語。 歌舞伎名作撰 勧進帳 [DVD] 発売日: 2004/11/26 メディア: DVD 感想 1945年の製作という事で、戦…

「パトリオット・デイ」 2016

★★★★☆ あらすじ 2013年に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件。事件発生から犯人逮捕までを描く。 感想 冒頭は、事件前日の人々の何気ない日常が描かれる。この後に、何が起きるか分かっているだけに、夫婦の仲睦まじい様子や青年の恋のはじまりといった、そ…

「優雅で感傷的な日本野球」 1988

★★★☆☆ あらすじ 図書館に通い、本の中の野球に関する文章を書き写す男。 感想 1985年優勝当時の阪神の選手たちが多数登場し、おかしなことを言ったり、精神病院に収容されたり、アダルトビデオの男優になったりと、無茶苦茶なことになっていて、問題はなかっ…

「カメラを止めるな!」 2017

★★★★☆ あらすじ 生放送で、ワンカットのゾンビドラマを取るよう依頼された監督。 感想 冒頭、ゾンビ映画を撮影中の現場で、本当にゾンビが現れるというストーリーが展開される。ひねってはいるがありがちなストーリーだし、気になる点は多いし、違和感もある…

「ストーン」 2010

★★★☆☆ あらすじ 刑務所で仮釈放管理官として働く定年間近の男。ある囚人が妻を使って、彼に便宜を図らせようとする。 感想 ロバート・デ・ニーロ、エドワード・ノートン、ミラ・ジョヴォヴィッチという出演陣を見て、気軽に見られるアクション映画かなと思っ…

「幼な子われらに生まれ」 2017

★★★★☆ あらすじ 妻が妊娠したことで、その連れ子との関係がうまくいかなくなり、苦悩する男。 感想 残業せず、飲みの誘いも断って、家族と過ごす事を大切にしてきた男。なのにそんな家族の一人から嫌われてしまうのはつらい。しかも、自分がさんざん悩んだ事…

「メン・イン・ブラック3」 2012

★★★☆☆ あらすじ 脱獄して過去にタイムスリップした宇宙人を追って、自らもタイムスリップした主人公。 感想 脱獄した宇宙人がタイムトラベルで過去に戻り、トミー・リー・ジョーンズ演じるエージェントKを殺害してしまったために、現在が書き換えられてしま…

「地図と領土」 2010

★★★★☆ あらすじ 現代アートに偉大な功績を残したアーティストの生涯。 感想 一人のアーティストの人生が、時おり評伝風の文章も織り交ぜながら語られていく。凄いのがその架空の芸術家が生み出す作品の描写。当然存在しないものなので見たこともないのに、あ…