「生きる」 1952

★★★★☆ 役所で空虚な仕事をして過ごす男が、余命幾ばくもない事を知る。 「生きていない」とか「遅すぎる」とか「誰かのせいにするな」とか、だらだらとした日々を過ごしている身には刺さる言葉が次々と飛び出してくる。 自分の人生が残りわずかだという事を知ったとして、多分最初にすることはきっと残りの人生を賭けて何…